mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはWilfriedです。

  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller
  • Wilfried Möller

わたしについて

わたしは1938年に生まれ,戦争が終わる8歳まで父親をよく知りませんでした。アビトゥーア(大学進学のための資格試験)を終えた後,英語,ラテン語,地理を学んで,ミュンスター,ボーフム,ロンドン,カンザス州ローレンスで教えました。1965年以降,教師,英語教師の教育者として働き,2000年まで校長をしていました。1964年以来幸せな結婚生活を送り,2人の子供と6人の孫に恵まれています。音楽,ダンス,文学,歴史,宗教,旅行,ウォーキングに興味があります。

わたしはなぜモルモンなのですか

学生の時,どうしてこんなにも多くのキリスト教会があるのかという疑問に悩まされていました。人の努力でキリスト教会の一致を図ること(キリスト教統一運動)は不可能だということは明らかでした。神の権能を通してキリストの教会を回復するほかには道はありませんでした。 このような理由で1961年,長い祈りと熟考ののちに,末日聖徒イエス・キリスト教会に加わりました。この教会はキリストの教えそのものを教え,もともとの教会と同じ組織を備えていると分かったからです。 男性も女性も対等であり,神権指導者は結婚を許されていて,教え導くことを行うのにお金はもらいません。彼らは自活しています。幼児は清く,罪がないのでバプテスマは必要ありません。年齢,人種,歴史,国,宗教,教育,職業に関係なく,すべての人は神の子供です。健全な家族は健全な社会の中心的構成単位です。

わたしの信仰生活について

1961年ミュンスターでバプテスマを受けた年,オスナブリュックにある近くのワードにいた妻のダグマーと出会いました。わたしたちは初めから人生が導かれていたかのように一緒になり,それぞれの能力に応じて家族,仕事,教会,地域社会において一生懸命働きました。 教会ではスカウト指導者,教師,説教者,教育者,現在もそうであるワードの指導者(ビショップ),そして地域レベルのカウンセラー,通訳・翻訳者として奉仕しました。 わたしは,プライベートでも仕事でも接する人々を兄弟姉妹,つまり神の子供として見て,適切な敬意をもって接することは難しいとは思いません。 教会は「自分自身を愛するように隣人を愛さなければならない」と教えていますから,わたしはいつも自分の身体と霊を健康に保ち,仕事やボランティア活動でよりよく働けるように自分の才能を伸ばすよう努力してきました。 教会が教える別の原則でわたしにやる気を与えてくれるのは,「真の宗教とは奉仕の業を行うことである」と言う教えです。 このような意味をもった態度や行い,すなわち,キリストの模範に従う愛する教会指導者たちにより支持され行動に示されている態度と行いにより,わたしも妻も人生に幸福感と充実感を味わって来ました。病気,喪失,失敗などにもかかわらず,わたしたちは与えられている機会に感謝をしています。