mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはRyanです。

  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox
  • Ryan Wilcox

わたしについて

わたしは結婚していて,美しい娘が二人います。わたしは個人開業の小児科医で,診療所と病院の両方の仕事を営み,病院では,レベル2NICU(新生児集中治療室)の運営を助けています。家族との旅行が楽しみで,読書とほかの文化についての勉強が大好きです。戸外で動き回るのが大好きで,お気に入りの野外活動はトレイルランニングです。

わたしはなぜモルモンなのですか

家族は永遠であり,救い主イエス・キリストとともに住むことができるというのが,教会の原則的な教えです。わたしたちがこの地上で行うすべての事柄の土台となるのは,わたしたちが家族として永遠に住めるということです。わたしはモルモンです。なぜなら,わたしの人生で最も大切なものは,わたしの妻と子供であり,義にかなった生活を送り,福音で教えられている原則に従うことで,死がわたしたちを分かつときまでだけでなく,次の世でも確実に家族と生活することができるからです。

個人の体験談

人々を祝福するようにあなたの才能や賜物を使うにはどうしたらよいでしょうか。

小児科医および新生児蘇生インストラクターとしての技術があることで,自分の時間を割き,これらの原則を使って,苦しんでいる新生児の命を救う方法をほかの医師や看護師に教える手伝いをすることができます。また,教会は新生児の命を救うために使ってもらうべく,すべての病院に機材を寄付しています。田舎の貧しい地域で働いているブラジルの医者がいました。彼は教会が開催したコースの一つに出席した後でこんな話をしてくれました。コースの行われる1週間前に,彼らの診療所で新生児が生まれましたが,息をしていませんでした。しかし,その新生児を助ける術もなく,死んでいくのを見守ることしかできなかったというのです。しかし,コースに出席し,モルモン教会から医療機器を寄付された今,治療介入することも救助することもできず,新生児が死んでいくのを手をこまねいて見ているだけということはなくなりました。才能を使うことで,わたしは全世界の新生児の命を救うことができています。

わたしの信仰生活について

妻とわたしは,任命を受け,人道支援宣教師として働いてきました。わたしたちはブラジルとアフリカへ赴き,医師や看護師に新生児蘇生法を教える手伝いをしています。わたしたちは時間をささげ,子供たちを家に残して,様々な場所に赴き,呼吸障がいを持って生まれた新生児の世話ができるように現地の人々を助けます。家族にとっては大きな犠牲ですが,一度に10日間家を空けます。命を救うための手伝いをしていると実感でき,そのことが大きな報いとなっています。