mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはRobです。

  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert
  • Rob Buchert

わたしについて

わたしは夫であり,息子であり,きょうだいであり,いつかは父親になりたいです。職業は芸術家,製紙工,装丁家,凸版印刷工/出版者です。副業では録音家(写真家に似ていますが,マイクを使います),音響アーティスト/実験音楽家および作家です。ブリガム・ヤング大学(BYU)で非常勤講師として活版印刷術を教えています。コネチカット州に生まれ,トロントで育ち,今はユタ州に住んでいます。ハイキングやドライブ旅行,カヌー旅行,ヨット,おいしいパン屋,中東料理が大好きです。庭仕事はあまり得意ではありませんが,今年は何とか芝生を枯らさずに育てられました。年代もののドイツ車とオートバイを運転します。

わたしはなぜモルモンなのですか

「喜び」は,小さな言葉ですが,はかり知れないほど大きな概念を表します。わたしがモルモンであるのは,末日聖徒の教会の教えを実践することで喜びを得たからです。喜びは楽しみや幸福以上のものです。それは,人生で直面する混乱や悲劇,苦痛に関係なく,潜在的に幸福な状態です。神が生きておられ,わたしやわたしの悩みに関心を寄せられること,そしてわたしを導いてくださるという知識は,他のどのような考えや気持ちにも安心感と安定をもたらしてくれます。

わたしの信仰生活について

毎日,時間を取って祈ったり,勉強したり,あるいは瞑想したりして,さらにイエスのようになる方法を考えています。どの考えやふるまいを変えるべきか,何を勧めなければならないか,などです。わたしは周りの人々の模範,聖典やその他の書物の言葉について考え,どうすれば神がわたしの心に語られる静かな内なる声にさらに敏感になれるか分かろうとしています。また,妻と勉強し祈る時間を毎日取っています。あまり長い時間はいりません。通常は10分から15分くらいです。 親きょうだい,姪や甥など,わたしは自分の生まれた家族の良い一員になろうと努めています。良い隣人にもなろうと努めています。わたしたちが住む地域には様々な人種や宗教,収入の人がいます。ユタ州ですので,わたしと同じ信仰や価値観を持つ隣人は必ずいますが,全員がモルモンというわけではありません。同じ教会の人としか一緒にいなかったとしたら,多くのすばらしい友人や模範と出会えなかったでしょう。 地元のワードでは,定期的に4つの家族を訪問する責任を受けています。末日聖徒の教会では,これを「ホームティーチング」と呼ばれ,教会員の物質的,精神的,霊的な必要を満たすための安全網として設けられています。受け持っている家族の一つが問題に直面したら,わたしは彼らが助けを求めて頼れる相手です。もし彼らの必要がわたしの助けられる範囲を超えていれば,わたしは教会の指導者に状況を知らせます。そうすれば,教会員全体の人材プールを活用して支援することができます。 わたしは周辺のユニット(教区)から来た11人の男性とともに働く責任も受けています。わたしたちは地元のユニットの指導者に助言と支援を提供します。このグループは「高等評議会」と呼ばれており,わたしは「高等評議員」という職です。 わたしは自分の周りの世界をさらによく理解しようと努めています。末日聖徒の基本的な原則の一つは「神の栄光は英知である」という言葉にまとめられています。ほとんどすべての分野において,英知を増し加えることはよいことで,信仰深いことです。末日聖徒の「信仰箇条」の一つにこうあります。「どのようなことでも,徳高いこと,好ましいこと,あるいは誉れあることや称賛に値することがあれば,わたしたちはこれらのことを尋ね求めるものである。」わたしはさらに高い教育や理解を絶えず求めることで,信仰を実践しています。