mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはPaul Sleemです。

  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem
  • Paul Sleem

わたしについて

わたしは人にやる気を起こさせるように話をします。また学校をまわって,読書や学習,人に礼儀と敬意を示すことの大切さを説きながら,読書を勧めています。 また,娯楽行事やテレビ,ラジオなどので司会者としても働いています。 モナコやノルウェー,台湾,スウェーデン,スコットランド,アブダビ,ドイツ,アイルランド,アメリカなど,世界中で仕事をしてきました。 また,12年間チャリティー活動”When You Wish Upon A Star”を後援してきました。 「わたしにも子供がいるので,若者を教育し,導くことの大切さを理解しています。 人生でもっとも報いの大きいことは,生き,愛し,学び,受け継ぎを残すことです。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは,母一人子一人のクリスチャンの家庭で育ちました。 自分を愛してくださっている天の御父がおられることと,祈りには力があることを知っていました。 でも,末日聖徒イエス・キリスト教会の会員ではありませんでした。ある時,夫婦宣教師(ポーリーンとロイド)と出合いました。 この特別な二人から6か月間,愛と思いやりを受けたわたしは,ロイドにバプテスマを施してほしいと頼みました。 この教会が真実だということをわたしに知らせてくれる出来事がたくさん起こりました。同じ信仰をもつ妻と結婚しましたし,かわいい子供たちは妻とわたしに永遠に結び固められました。 福音は真実です。わたしたちは人間なので時として間違いを犯してしまいますが,天の御父はわたしたちの弱さを御存じで,いつでも助けてくださいます。そのことを知ると,もっとキリストのようになりたいと思います。また,自分の生き方や自分の目指す生き方を通して,家族や友人に証を伝えたいと思うようになります。 地上のあらゆる人には,福音というまだ見ぬ宝があります。

わたしの信仰生活について

わたしはまず信条に従って日々生活しようと努力しています。つまり,キリストのようになるためにひたすら最善を尽くしています。 教会では,ワードの若者に働きかける召しや責任を受けています。 毎週水曜日に青少年のための集まりを催しています。様々な活動を通して,若者たちに新たな技術を教え,彼らが地域社会の中でどのように奉仕するかを考える時間を設けています。 この召しの目的は,若者に,声をあげて積極的に自分を表現するよう勧め,楽しみながら新しいことを学ぶよう促すことです。