mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはMikeです。

  • Mike Lohner
  • Mike Lohner
  • Mike Lohner
  • Mike Lohner

わたしについて

わたしは人々を信じています。人は非常に魅力的で,ほとんどの場合,善良です。わたしは生きることが大好きです。毎日を元気に過ごすべきだと思います。世の中を知って,新しいことに挑戦して,ライバルがいれば,満足です。 わたしはがんばり過ぎるのかもしれません(家族にはそう言われます)。仕事面でもなかなか良い機会に恵まれてきました。何年も社長を務めた後,今は2社の会長を務めています。わたしの基本的な考えは,偉大な企業は普通の人によって非凡な結果を生むこと,そしてほとんどの人間は普通で,地道な働きと努力の方が才能よりも重要であることです(もちろん才能があるに越したことはありません)。 わたしはスポーツが熱狂的に好きですが,特にゴルフにはまっています(ゴルフはスポーツでしょうか,ゲームでしょうか)。毎日プレーしたいくらいで,もっと上達しようと練習しています。歴史から大会まで,PGA(訳注―合衆国におけるプロゴルフ・リーグ)ツアーから美しい海上コースまで,ゴルフのすべてが大好きです。そして時間が空いたら(そんなことがあれば)音楽と戯れます。サックスを幾らか吹いて,ピアノも少し触って,時には歌います。家族(妻はわたしの親友で,溺愛する4人の子供がいます)は,わたしよりも音楽の才能があります。わが家のいちばん良いところは,音楽があるということかもしれません。 最後に,わたしたちがいろいろな意見に関心を持ち,自分と違う考えの人を攻撃する気持ちが弱くなれば,世の中はもっとよくなると思います。わたしは少々理想主義です。しかし,わたしは信頼できなくて友達がいないよりは,信頼して何回か痛い目に遭った方がましだと思っています。 メイ・ウエストの言葉がそれを最もよく表しています。「人生は一度きり。正しく生きれば,一度で十分。」まったく同感です。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしがモルモンである理由は,簡単です。教会が真実であると心から信じています!そのように心の底から感じていますし,幸運にも,教会の教えが真実であると神の御霊がわたしの心に告げるのを感じたのです。福音の原則が人々の生活を変えるのを目にしてきました。救い主の贖罪の力がわたしの生活に及ぶのを感じてきました。そして,モルモン教会が教える原則を守って生活すると,より幸せになり,より充足感があり,より平安があることを知っています。すばらしいことです。結局,モルモンであることはわたしを幸せにするのです! どうしてだろうとよく考えます。どうしてモルモンであることが幸せなのだろうか。どうしてモルモンは互いの周りに集まって来るのだろうか。わたしが出した結論は,それが福音の真髄だということです。すなわち,イエス・キリストの福音がわたしの感じている幸せをもたらしているのです。神はわたしたちが幸せになることを望んでおられます。主はわたしたちを愛しておられます。そして主の教会は,わたしたちのあらゆる弱点において,主のようになれるよう助けてくれます。主のようになる努力をするとき,平安や幸福,そして友情の祝福を受けます。

個人の体験談

希望とは何であり,あなたはどのようなことに希望を持っていますか。

希望は意味の深い言葉です。 わたしにとって,「希望」とは楽観的な態度です。物事を見た目や現状よりも,可能性で見るということです。人は雨が降っていると晴れてほしいと考えます。冬になると,春を待ちわびます(少なくともわたしはそうです。寒いのは嫌いです)。病気になると,健康になることを望みます。人に嫌われていると感じると,愛されたいと思います。 希望があれば,恐れはありません。そして,霊的な事柄に希望があれば,信仰をはぐくむのです。 わたしは楽観的な人間で,夢に見るだけにとどめた方がよいことを望んでしまいます。ゴルフがうまくなりたい,善い家族を育てたい,妻の健康が回復してほしい,家族を経済的に養いたいと思います。息子にとって難しいことですが,彼が就職できるように願っています。 政府がもっと目を開いて現実を見るように,政治家やメディアが攻撃することへの熱を冷まし,心を開いて話し合ってほしいと思います。そうすれば,わたしたちが直面するチャレンジに対してより良い選択ができるかもしれません。愛が憎しみに,信仰が恐れに,楽観主義者が悲観主義者に,そしてピーナツバターの瓶のふたが落ちるときはピーナツバターのついている側が上になって落ちるように願っています。 言うまでもなく,キリストにも希望を抱いています。その希望は信仰につながっています。そして,……その信仰は慈愛や愛,平安と幸福につながるように願っています。 まさしく「希望」は深い言葉です!

人生の目的を理解するうえでモルモン書はどのように役立っていますか。

モルモン書でわたしの好きな言葉はこれです。「アダムが堕落したのは人が存在するためであり,人が存在するのは喜びを得るためである。」 わたしにとって,喜びを見いだすことこそ人生の目的です! 妻はギラン・バレー症候群という難病を発症して体がまひし,深刻な神経損傷で入院しました。病状がさらに進行して慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)になったとき,わたしたちの生活は永遠に変わってしまいました。わたしは1年半近くの間休職し,幼い娘たちの世話をしました。数えきれないほどたくさんの医者に診てもらい,いろいろな治療法を探し,恐ろしい瞬間を何度も味わい,人生の短さを悟りました。 この苦しい経験の間,わたしはモルモン書を読んで研究し,一日一日の大切さを知り,家族との安らぎの時間に喜びを見いだし,周りのものの美しさを愛おしみ,音楽や霊的な満足感を大事にするようになりました。モルモン書によって,神がわたしたちを地上に送られたのはわたしたちを愛しておられるからだと理解できるようになりました。主はわたしたちが学び,成長し,幸福になるのを助けるため,苦難に耐えさせてくださいます。健康とその価値を知ることができるように苦痛を感じるようにしてくださいました。喜びを味わえるよう悲しみを経験させてくださいました。 モルモン書には,人生の目的や贖罪,わたしたちのための神の計画に関するイエス・キリストの教えを確認する,すばらしい洞察があふれています。わたしの人生に大きな変化をもたらしました。

わたしの信仰生活について

わたしたちは毎日の言動によって信仰を実践していると思います。会社だろうと,家だろうと,ゴルフコースだろうと,誠実,親切,忍耐,自分たちの信仰に盛り込まれている価値観を守って生活したいと思います。わたしたち家族は,ほとんど毎日一緒に聖典を読み,祈ります。このことは,日々の雑念よりもわたしたちの存在の永遠性に焦点を当てる助けになります。 わたしは「ホームティーチング」の割り当てを受けています。つまり,少なくとも月に1度,わたしたちの地区に住む2軒の家族を訪問し,福音を教える教師,友人,励まし手,信頼できる情報源となって働きます。ホームティーチングはいつもわたしにとって大きな祝福となっています。すばらしい友情を築き,わたし自身の生活が豊かになったからです。仕事を失った父親に働きかけ,信仰面で苦しむ家族を励まし,健康上の問題が出たときに家族を支えてきました。そして,信仰を実践するときに通常起きることですが,その過程で大きな喜びと祝福を受けてきました。 日曜日には,わたしは16歳から18歳までの青少年を教えています。21人の生徒と旧約聖書を学んでいます。旧約聖書の物語や教えを楽しく伝えるのが大好きです。わたしの見方,それは-若い男性や若い女性と一緒に活動することほど楽しいことはありません。青少年は元気で,聡明で,才能にあふれ,楽しいです。最高です!