mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
増子 愛恵: 看護師, 増子, ピアノ, スケートボード, モルモン.

こんにちは,わたしは増子 愛恵です。

わたしについて

わたしは生まれた時から両親がモルモンだったので、幼い頃から教会に行っていました。教会には同年代の友達も多くいて、同じ神様のことを学ぶ仲間がいることは祝福でした。両親が行っているから自分も教会に行っている、というのもあったかもしれません。しかし、18歳のとき、悩みに悩んで神様に祈り求めたことがありました。自分が思っていた答えとは違いましたが、その答えに従ったとき大きな祝福がありました。その頃から自分の信仰で福音を学ぶようになりました。わたしはこの福音が大好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は数年前、大きな試練に遭いました。それまではなに不自由なく幸せに過ごしていたため、あまりの急な出来事に押しつぶされそうでした。しかし、そんな辛い時だからこそ、神様の愛と助けを強く、またとても近くに感じることができました。今までも感じてはいたものの、ここまで強く感じることはありませんでした。神様は乗り越えられない試練をわたしたちに与えることはありません。必ず乗り越えられると信じて、辛い時こそ神様を頼って戒めを守るなら、神様は必ず助けて下さることを知っています。試練を乗り越えたあとに祝福があります。また乗り越えている最中、神様の愛を感じられることは大きな祝福です。試練が辛い分、祝福は想像以上に大きなものです。私はこの福音を知っていたから乗り越えることができたと思っています。両親がモルモンで幼い頃から教会に行けていたことに心から感謝しています。神様はわたしたちが想像できない奇跡を行われます。試練も奇跡も、その人に必要なことは全て行われます。わたしたちがこのような場面にあったとき、忠実さと信仰を表すなら、神様に近づくことができます。わたしはこのとても幸せで素晴らしい福音が大好きです。そして感謝しています。

個人の体験談

モルモンはなぜ伝道に行くのですか。

私たちはこの世に生まれる前、神様と一緒に暮らしていました。そしてこの世に生まれてくるとき、また神様のもとへ帰ると約束をしてきました。しかしわたしたちにはその記憶がありません。わたしたちモルモンはそのことを知っています。世界中の人全てが神様の息子、娘です。神様は自分の子供たちに帰ってきてほしいと心から望んでおられます。わたしたちはそのことを知っているので、一人でも多くの人が神様のもとへ帰ることができるように、多くの人にこの福音を伝えるために伝道に行きます。私はこれから伝道に行きますが、先日友人がこの福音を受け入れてくれました。それは本当に素晴らしいものでした。神様が心から喜んでおられるのを感じました。そして本人も私も心からの喜びに満たされました。これから伝道に行き、多くの人と喜びを分かち合いたいと願っています。

わたしの信仰生活について

わたしは、宣教師と共に伝道活動に参加しています。季節のイベントの計画や準備、宣教師の助けや、地域の人達を招いたり、日曜日はオルガンの伴奏もしています。これらのことを行うことで、たくさん神様にお祈りすることがあり、たくさん神様の助けと愛を感じることができます。また自分自身、成長することができます。