mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Takehito: モルモン.

こんにちは,わたしはTakehitoです。

わたしについて

私は割と落ち着いているほうの人間です。しかし常に頭の中ではちょっとした小ボケを考えたりどうしたら面白くなるのかを考えています。 私の趣味はベースギターやコントラバス、エレキギターを弾くこと(下手の横好きですが)です。 高校生時代に私は吹奏楽部に所属し、ストリングベースという全く吹かないパートを担当しました。 それ以前から何か楽器をやっていた、というわけでもなく、パート担当者がいなくなってしまうのを危惧した部員の友人が、帰宅部でなんか続けてくれそうだから、と半ば強引にかつ自動的に入部させられてしまったのです。 もちろんすぐやめてしまってもよかったのですが、引退する三年生まで続けていました。 このとき、乗った舟に対して責任を最後までとる性格があることに気づかされました。 もしかしたらお人よしなのかもしれませんが。 今でも、その名残として弦楽器を弾いています。 ちなみに好きな音楽は80’~2000年初期の歌(国内外問わず)と歌詞のない曲全般です。 もう一つはを落語や漫才やコント、アニメやドラマ見ることです。 そうです。テレビっ子なのです。 しかし、ただ見て楽しさを感じるということだけをしているのではありません。 落語や漫才やコント、アニメやドラマにはあらゆるベクトルでの技術の粋が集まっています。 話すことだけで人を引き付け笑顔にしたり、動くことで感情を揺さぶります。 元々コミュニケーションが苦手だった私は、見て研究しました。 結果として、少なくとも他者との交流の際には明るく感じることができるようになりました。 能力についてですが、恐らくですが、機械に対する順応の早さと自己分析がちょっとできるくらいでしょうか。 あとは何故か、子どもに好かれます。何故か。 教会でも子どもたちが集まってきます。 また私はBYUに進学することを考えています。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は2世の教会員で、幼少のころから教会に集っていました。しかし中学生から高校生のとき、教会から離れてしまっていました。理由は、学習塾と部活動のためです。しかし、離れているときに自分がだんだん怠惰で横着な性格になってしまい、結果良くない行動をしてしまいました。その行動はすぐに発覚し、あのままでいたらもっと堕落してしまうかもしれなかった私に反省する機会を得られたので、神様はいつも人々のことを見ておられ、贖う機会を与えてくれるのだと初めて実感しました。それ以来、私は教会に復帰し、教会員として敬虔であるように努めています。

わたしの信仰生活について

私は日曜日に、日本熊本ステーク長嶺ワードというところで聖餐の儀式を施したり、日曜学校(聖書やモルモン書の中に書かれていることを解説する学校)で教師をしていました。