mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Erika: 大学生, モルモン.

こんにちは,わたしはErikaです。

わたしについて

わたしは日本人です。両親と3人の兄弟がいて、6人家族です。わたしは今、家族と離れ、1人で生活しています。そこでわたしは、大学生生活を送っています。専攻は社会福祉です。ボランティアサークルに入り、生活のためにアルバイトをしています。 わたしは、友人と話したり、音楽を聴いたりすることが好きです。音楽は人を幸せにします。 また、ボランティア活動やボランティア仲間と交流することが好きです。 毎日、多くの友人や教会員の助けを頂きながら、楽しく生活しています。 人と関わることは本当に楽しいです。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしの両親が生まれた時からモルモンだったからです。 だからといって、ずっと信仰があったわけではありません。 小さいころはこの福音に対してあまり興味がありませんでした。 そんな私が福音を信じるようになったのは、高校3年生の夏にあった青少年の活動でした。 この活動がきっかけで、この福音から愛を感じ、受け入れるようになりました。 そして、この時に強いものを感じました。初めて、心から教会、福音を好きになったのです。 わたしはその時の活動のことを今でもよく覚えています。心にいつも平安があったのはそれが初めてでした。 それまで、そのように感じる機会がなかったので、本当の意味で改宗したのはその時のように思います。 その後、信仰を使い決めていた進路を変え、大学に進学しました。 そこでは、新たに会うべき人々に出会えました。 それは単なる偶然ではなく、主が用意してくださった道でした。 本当に、この福音に忠実になろうとし、主に近づこうとすると多くの誘惑があります。 でも、その誘惑についてその後どんな結果が待っているか知ることで防ぐことができます。 わたしは、それを深くまで知らず、後悔しました。 だからこそ、知っている今は、主に頼ることで同じ過ちを繰り返さないよう、努力しています。 なぜなら、主は今も生きておられるからです。 それを知ったからです。福音を知っているからです。 私たちを作った方が私たちにくれた愛のメッセージだと知ったからです。 福音に従うことで、私たちの才能は見いだされ発揮されます。 これらのことを知っているからこそ、今もこうしてモルモンでいられるのだと思います。

わたしの信仰生活について

わたしは、毎週教会に行きます。 その他の活動には金銭的な問題があり行けませんが、日曜日の教会の集会は大切なので行っています。 一人暮らしをしてからは、教会まで電車でおよそ1時間かかるところに住んでいます。 なので、途中まで電車で行き、そのあとは会員の手助けにより、車に乗せて行ってもらっています。 帰りはいつも同じ方面の兄弟姉妹に近くの駅まで送っていただいています。 教会員が、毎週わたしのことをほんとうによく助けてくださいます。 わたしは大学生で独身なので、同世代の教会員と楽しい活動をしています。 活動を通して仲良くなることができます。仲間はずれになることはありません。 また、月に一度、話を聞いてもらう機会やある人の話を聞くことがあります。 この経験は18歳以上の人が主にします。 このことを通して、悩みや問題を解決します。 信仰に沿った生活をすることで、いも私の心の中に平安と喜びと祝福があります。