mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Yoshihiro Minamide: テニス, 野球, カメラ, 日本, 北海道, モルモン.

こんにちは,わたしはYoshihiro Minamideです。

わたしについて

私は2015年の春に高校を卒業し、そのまま大学に行かずに宣教師として奉仕をします。趣味はテニスや野球をプレーしたり試合を見るのが好きです。音楽を聴くことも好きです。カメラで美しい風景を撮るのも好きです。両親と一緒に住んでいます。

わたしはなぜモルモンなのですか

両親がモルモンなので物心がつく前から教会に行っていました。小さい頃は特に強い信仰はそんなに無かったと思います。毎週日曜日に教会に行って、教会の人に会って教会の友達に会って子どものクラスに一緒に出て楽しい思いをした感じです。 そんな私にとってこの教会に従おうと思ったのは中学校に入った頃からです。教会では12~18歳の青少年ための組織があります。あるときにその組織の人達が対象の教会主催のキャンプが行われました。たくさんの人達がそのキャンプに来ていました。友達と遊んだりハイキングしたり食事を作ったりとにかく楽しかったです。 最後の夜にみんなでキャンプファイヤーやダンスをして私のテンションは最高潮に達していました。キャンプファイヤーが終わるときに指導者が話をし始めました。その指導者は「今夜寝る前に祈るときに50個の感謝を捧げてください。」といいました。私は50個という数に驚きながらもすぐにするべきだなと感じました。それで近くにいた私の友人達と一緒に祈ることにしました。 さすがに一度に50個感謝を言うのは厳しいと思ったので1人10個ずつ感謝を捧げて順番を決めて祈ることにしました。 どんなことを祈ったかは正直覚えていません。ちゃんと50個感謝を言えたのかも正直覚えていません。でも、その時に感じた思いは今でも覚えています。祈っていると心が暖かく感じました。私の友人達も同じように感じました。 この時の経験が最大のターニングポイントではありませんが今でも心に残る思い出、そして経験です。

わたしの信仰生活について

私は教会で中学生や高校生の男の子と一緒によく活動をします。彼らに福音のレッスンをすることもあります。 親睦を深めるために週に1回卓球大会を宣教師と共同で開催しています。