mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
sae konishi: ドラム, ダンス, 女性, パティシエール, 次女, パーマ, モルモン.

こんにちは,わたしはsae konishiです。

わたしについて

私は高校の時からドラム三年間習っていました。そして趣味としてミュージカルダンスを小学校の時からやっています。音楽と体を動かす事が大好きで、パソコンは苦手です。他には、製菓の大学に入って卒業し、今ではパティシエールとして働いています。ケーキを作ることは好きですが料理は特訓中なので、周りが太っていきます。

わたしはなぜモルモンなのですか

私はこの教会を心から信じられたのは、教会員の愛の力を真に受けたときでした。物心ついたときから教会に通っていましたが、高校生の時何か世間とは違うと感じ、それは教会の教えだということを理解したときでした。その時私は教会が大っ嫌いになっていました。戒めが束縛だ。と感じていたからです。私を守ってくれているものとも知らずに・・・。 そんな時、傲慢な私を助けてくれたのは、ある教会員でした。たくさんの教会に対する疑問や不満を一つ一つ嫌になるほど質問をし批判し続けても、その教会員は、変わらずに愛を示してくれました。 メールを無視しても、話を聞かなくてもその教会員はそっぽをむくことはありませんでした。 その教会員はこう言いました 「私は神様からあなたを助け愛し続けなさいといわれたからだよ!そしてこの愛は、神様からの愛だよ。」 その時私は、そこまで愛されたことがなかったので 愛の大きさに圧倒されて涙が出るほど本当に心から神様の愛を理解することができました。 そしてこの教会の戒めについて心から受け入れようとしたときに、回り道をたくさんしましたが 私を守ってくれているものを本当の意味で理解することができました。 見えないものほど大きな価値がある。永遠という言葉はあると感じる事が出来ました。 わたしはモルモンです。そして私はとても弱いです。 でも、私は独りではなく、いつも神様が見守り助けてくださることを知っています。この証をイエスキリストの皆によって証します。アーメン

個人の体験談

教会の集会に出席することは,どのような助けとなっていますか。

教会の友達が増え、他の人の証を聞くことで自分の証も強める事ができる。自分に助けがほしい時、質問が出来る。相談する相手が出来、助け支えあう事ができる。

わたしの信仰生活について

私は若い女性の教師として働いています。歳が近いので、友達のような感覚で教えています。教えることで自分の時間は削られますが、それ以上に得れるものがあります。どっちかというと教わる事が多いので助けられています。