mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
相原: 宝くじ, 鍼灸, マッサージ, 人生, くじ, 当選, モルモン.

こんにちは,わたしは相原です。

わたしについて

60才男性。40年間、鍼灸マッサージの仕事をしてきました。妻と5人の子どもがいます。3人の子が結婚して6人の孫がいます。

わたしはなぜモルモンなのですか

22才の時(当時、結婚して1人子ども有)、自分の人生について考えるようになりました。これから先いろいろな困難に出合った時に乗り越えていけるように、又人生をより良く強く生きる為に、自分には生活していく上で大きな力となるものが必要だと考えていました。そうした時に霊的な大きな力を携えて2人の宣教師が私の家を訪問して下さいました。 そして2人の宣教師が私の待ち望んでいた方々であると、メッセージをお聞きして確信しました。 訪問後に彼らが教えて下さった、天父や御子イエス・キリスト、聖霊についてのお話や証をお聞きして、最初の訪問から2カ月後に私はバプテスマを受けました。

わたしの信仰生活について

今から約40年近く前に、当時としては高額の宝くじが販売され宝くじファンは皆、競って買い求めその結果ケガ人も出て当時大きなニュースとなりました。 私も当選者になる夢を見て宝くじを10枚購入しました。連番で購入したので1枚だけ末等で当選しましたが、宝くじファンはだれも『当たった』とは言いません『外れた』と言います、私もはずれました。このことは、私が教会の会員になる前の出来事ですが、これ以後宝くじは購入していません。 教会の会員になって聖書を学んだり、教会の集会に出席していますとだんだんに神様が私に期待している事が分かってきました。 それは何かと言いますと「自立」です。精神的自立、財政的自立をして生きていく事が、重要だと分かりました。自立しようと努力する過程又方向性が重要だと分かりました。私がこの地上で生活している間にいろいろな経験を通して学び自立する事を神様は、望んでおられると確信しています。 私が宝くじに運よく高額当選すれば苦労しないでお金を手に入れる事が出来ますが、生涯、私の自立心を育てる妨げになると思います。お金以外の事で困った時、自分の力だけで問題と向き合い、考え乗り越える事が出来なくなると思います。このような状態になる事を神様は私に望んではいらっしゃらないと確信しています。 旧約聖書の箴言16章33節に「人はくじをひく、しかし事を定めるのは全く主のことである」と書かれています。 私の信念の参考となっています。