mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
宍戸正好: 虫取り, カブトムシ, 子育て, 劇団, 妻, 料理, モルモン.

こんにちは,わたしは宍戸正好です。

わたしについて

劇団員でした。 会社の同僚に誘われて入団しました。人前で話すのが苦手なタイプだったのですが、男性の劇団員が少ないからぜひ、という押しの強い誘われ方に入ってしまいました。かわいい子がいっぱいいるという言葉にもなびきました。22歳くらいのときに入団し、劇団の明るく活発な女性とお付き合いするようになり、27歳で結婚しました。 子供は6人います。家族ができると忙しくなり大変でしたが、聖書には「生めよ、ふえよ、地に満ちよ」と書かれています。この教会に出会わなかったらこんなにたくさんの子供を育てなかったと思います。子供がたくさんいて大変でも、やっぱり楽しいです。そして子供たちがいないとやっぱりさびしいです。 趣味は料理を作ることです。

わたしはなぜモルモンなのですか

私が劇団に入った後、現在の私の妻が入団しました。彼女が私を改宗しました。 はじめは彼女に教会に遊びに来ないかと誘われました。実は私は以前にも宣教師に会ったことがあったので、一度は教会に行ってみたいとは思ってはいたものの、一人では行けませんでした。しかし彼女の後押しがあったので初めて行くことができました。教会ではイメージ通り賛美歌が歌われていて、静かなところでした。7,80人くらいのたくさんの会員や宣教師がいました。 この教会に入ったのは、バプテスマを受けた人々の話から良い気持ちを感じたからです。ほかの人が教会に入るためにバプテスマ(洗礼)を受けるとき、そのときの気持ちをみんなの前で話すのを何回か聞きました。その話を聞いているときに、うまく言葉では言い表せない良い気持ちを感じました。そのような気持ちを自分も味わってみたいと思いました。 初めて教会に来たときは現在の妻とは友達の関係でした。その後お付き合いするようになり、バプテスマを受けてから「永遠の結婚」について学び、神殿で結婚しました。

個人の体験談

あなたの生活に影響を与えた救い主の教えにはどのようなものがありますか。

私は改宗した年のうちに結婚しました。それまではお酒もたばこもたしなんでいましたが、それを機にやめました。それから教会員歴くらいやっていません。 そのおかげで体にいいもの、悪いものがわかるようになりました。やめてからお酒もたばこも体に悪いと実感しました。今では健康になった感じがします。

わたしの信仰生活について

イエス様がいつもそばにいてくださっていると感じています。色々な方法で助けてくださり、色々な形で教えてくださいます。助けてほしいところを助けてくださるときなど、私のことをよくわかっておられると感じます。逆に怠けているときなどは、試練を与えてくださいます。厳しいところは厳しいし、優しいところは優しいです。 願い求めれば、叶う、ということをよく感じました。1人2人ではなく何人も子供たちを育てるためにはお金も環境も必要です。育てられるくらいの生活力を与えてください、と願い求めてきました。 上の3人の子供の電話番号を私に教える許可取りを宍戸兄弟本人にお願いした。