mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
平野: 家族, 食べる, 若い, モルモン.

こんにちは,わたしは平野です。

わたしについて

私は日本の大阪で生まれました。生まれてからずっと大阪に住んでいます。 私の趣味はゲームをすること、パソコン、食べること、ごろごろすること、大好きです。 スポーツをすることも大好きです。サッカーとかバスケットボールとか、バトミントンも、上手ではないのですが、スポーツをして体を動かすことは大好きです。 クラブは私は中学生からバレーボールをしていました。高校もバレーボールををしていましたが、そんなに強くはなかったです。でもそこからたくさんの物を手に入れました。大切な友人とかを作ることができました。ほかにもいろいろな精神面のことも教わりました。 辛かった時期もあったのですが最後までやり通してよかったと思います。 最後までやり通すことは本当に大切だと学ぶことができました。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は親が教会員だったので小さい頃から教会に行っていました。 そのときはあまりこの教会のことを信じてはいませんでした。 大きくになるにつれ教会のことを信じないようになりました。日曜日に教会には行っていましたが、やっぱり友達とかと遊んでたほうが楽しいかったです。クラブで教会に行かない日もありました。 教会の活動等に行っていたので、たくさんの人の話をきく機会がありました。たくさんの人は教会は真実ですと、またイエスキリストの教えは真実ですといいます。 興味はありませんでした。ずっと眠いとか、おなかすいたとか、考えていました。 その中で真剣に考える出来事またきっかけをくれた人がいました。高校1年生の時でした。 初めてそのときに真剣に考えました。 人をこれまでに集中、進歩、変えてくれる、イエスキリストの教えとは何だ!? それから聖典を勉強しました。今まで祈ってましたが、心から祈ったのはそれが初めてでした。 しかしその答えは返ってきませんでした。祈りはすぐに答えが来るとは限らないと知っていたので、継続しました。 神様の存在、イエスキリストの教えについて、知りたい望みがありました。 ある日のこと。私に答えが返ってきました。 私はまた祈っていました。祈り終えてすぐに、私は自分の心がすごく落ち着いているのに気が付きました。平安な気持ちに満たされていました。今までに感じたことの無い気持ちが感じてきました。 私は確かに神様の存在を感じました。イエスキリストの愛を感じました。 どれだけ神様から愛されていたのか、考えました。過去を振り返りました。 自分はまた家族はどれだけ祝福されていたのか。考えてみました。 私はまた家族はどれだけ神様から祝福を受けてきたのか。イエスキリストの教えを実践していく中でどれだけ成長できたのか。 この教えによって家族で過ごす時間が増えました。 私の家族はすごく個人の時間が多かったと思います。 各自それぞれ自分の好きなことをする。お母さんがいっしょにテレビ見ようといっても自分のしたいことをするそんな感じでした。 でも教会は毎週家庭の夕べを開くことをおすすめしています。家庭の夕べとは家族がそろって、一緒にイエスキリストの教えを学んだり、一緒に簡単なゲームをしたりして過ごす時間のことです。私たちの家族は毎週行っています。そのとき、お母さんが家庭の夕べするよというと、子供たちは集まりました。一緒にお祈りをするよーというと子供たちは集まりました。 このイエスキリストの教えによって私たちの家族はともに時間を過ごす時間が増えました。 私たちの家族はこのイエスキリストの教えによってもっと家族が強まることができました。 本当に神様やイエスキリストのおかげだと思います。心から感謝してます。

個人の体験談

モルモンはなぜ伝道に行くのですか。

私も伝道に行きました。なぜかというと、本当に簡単な理由です。 私がこのイエスキリストの教えからすごく祝福を受けてきました。 だからみなさんにシェアしたいと思い伝道に出ました。

福音の回復に関するあなたの気持ちや証を述べてください。

福音を回復したのはジョセフスミスです。 ジョセフスミスは1つの簡単な質問がありました。それはどの教会が真実なのか。

希望とは何であり,あなたはどのようなことに希望を持っていますか。

希望とは望むことだと思います。 誰でも希望はあると思います。試験で合格したい。もっといろんなことでうまくなりたいとか、家族でどこか行きたいとか。 私にもそのような希望があります。私たちの教会は家族は永遠に続くものだと信じています。 私の希望は家族でみんなそろって、天国に行きたいという希望を持っています。

人生の目的を理解するうえでモルモン書はどのように役立っていますか。

私たちの人生の目的は成長し、喜びを見出すことです。 人生にはたくさんの苦難があると思います。まだ長くは生きてませんがいろいろな経験をしてきました。 モルモン書は私たちが幸せになるためにどうすればいいのかとか教えてくれます。 自分の悩んでいたことの答えがモルモン書にあったという経験何度もがあります。 モルモン書は私たちの人生の目的とか指針とかを教えてくれるコンパスのようなものです。 私はその指針に従って生きるときに幸せになれました。

家族の問題を福音の原則によって克服した具体例がありますか。

私の家族は家族の時間でした。 私の家族は個人の時間を大切にしていました。 自分の部屋で自分のしたいことをする。といったものです。 お母さんが一緒にテレビ見ようといっても集まらなかった時がありました。 しかしこの教会の教えは家族を集中しています。 家族で祈るようにとか、家族で聖典を読んだりとか、家庭の夕べ(週一回家族が集まって一緒にイエスキリストの教えを学んだり、遊んだり、おいしいもの食べたりする時間)するように進めています。 本当に家族を大切にしています。 なので私たちがこのイエスキリストの教えを実践し始めたので家族の時間が増えました。 一緒に祈りました、一緒に聖典読みました、一緒に遊びました、学びました。 本当に私の家族はこの教えから祝福を受けたと思います。 今では気持ち悪いぐらい兄弟とかの仲がいいみたいです。

わたしの信仰生活について

教会はいろいろと責任とかがありますが、その中でたくさん学ぶこと、友達とやりがいがあるのですごく楽しいです。