mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Kento: モルモン.

こんにちは,わたしはKentoです。

わたしについて

私は福島県で生まれました。生後間もなくして大病を患い、生死をさまよったことがあり非常に体の弱い少年でした。 今は、体を動かす事と自然を見ることが大好きです。また、経済学や経営学にも関心があります。 大学へは、毎年お正月に開催される箱根駅伝に出場することを目標に進み、トレーニングと勉学に励みました。結果として箱根駅伝には2回走る事が出来ただけでなく、学生三大駅伝(出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝)を走る事が出来ました。 しかし大学4年の箱根駅伝では、直前に左足の肉離れをしてしまいドクターストップがかかっていましたが、神権者からの祝福を受けることにより本番では箱根の山を無事に走り切ることが出来ました。 多くの人々からは走り切れたことに対して「奇跡だ!」と言われもしましたが、自分の力に頼るだけでなく、どのような時でも神様に心から頼ることにより多くの祝福と奇跡を体験できることを知っています。

わたしはなぜモルモンなのですか

私の両親が若い時にこの教会に改宗をしたので、私は生まれた時から教会に行っていました。 昔は教会に連れて来られているという状態でしたが、年を重ねる毎にこの教会の教えと福音について、証を持てるようになりました。 私はこの教会の教えがどれも好きですが、特に好きな教えは『家族は永遠に繋がっている』ということです。私にとって家族はかけがえのない存在です。この世だけでなく、死後の世界でも一緒にいられるという事は私にとってこの上ない大きな平安と喜びを感じさせてくれます。 教会の教えに従順に聞き従っていても時には辛く自分の思うような答えが見いだせない時があるかと思います。しかしどのような時でも天の御父を頼り、助けを求めることにより今の自分よりも更に成長する道が備えられている事を知っています。 私自身が犯す過ちに対して心から悔い改めることにより、天の御父からの赦しを請う事が出来ます。憐れみ深い天の御父は私自身が心からへりくだることによりその過ちを赦してくださいます。いつも自分の赦しを請う事が出来るのでそのことは私にとって大きな慰めとなっています。

わたしの信仰生活について

常に謙遜でいることは大切なことです。 また、聖文をよく読み、理解しようと努めることは日々の生活の中で大切なことです。 基準の低い会話や場所には行かないようにし、教会の活動や教会の人々と共に時間を過ごす事により、多くの事が学べ、自分自身を高める事が出来ます。