mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
あき: 神輿, ジャズ, モータースポーツ, モルモン.

こんにちは,わたしはあきです。

わたしについて

マシニングセンターで自動車部品を加工しています。重要保安部品を扱っているので、寸法調整は時には千分の一ミリ単位が必要になることもあります。 仕事はとにかく楽しいです。 神輿とモータースポーツが大好きです。 よく菅生に行っています。

わたしはなぜモルモンなのですか

この教会のことは叔父に教わりました。 6年くらい前、叔父からノアの方舟の話などを聞かされましたが最初からまったく抵抗がありませんでした。そしてなんとその日のうちに御霊を感じてしまいました。神様の愛について話をしてもらっていた時に、胸が熱くなり、何なんだと思っていると、それが御霊なんだよと教えてくれました。まったく疑う余地がありませんでした。その後も叔父の言葉によって神様が私を愛しておられるということがわかったのも、後押しになりました。 しかしなかなか改宗には踏み切れませんでした。私の住んでいるところは田舎で、昔からの慣習に従っていればそれでいいじゃないかという風習があり、それで周りの目が気になっていたのです。でも神様の教えを聞いた時にそうではないということがわかり、葛藤を感じていました。教会の人からも「いつ改宗するの?」と言われ、ちょっとプレッシャーを感じて嫌だなあと思ってもいました。そこで、自分でもよく祈って『モルモン書』を読むことにしました。そしてある日よく祈ってモルモン書を読んでいた時に、初めて一人で御霊を感じることができました。叔父といるときはいつも御霊のいい気持ちを感じていたのですが、一人で御霊を感じたのは初めてでした。そのときに、改宗しよう、と思いすぐに叔父に電話しました。 家族には猛反対されましたがそれを押し切って改宗しました。話をしてわかってもらえなかったので、何を言えばいいのかわかりませんでしたが「どうしても改宗を許してもらえないのであれば、俺がこの家を出て行く」と言いました(家族に出て行かれると困るので)。そうしたらOKを出してくれました。それはたぶん神様が言いなさいと教えてくれた言葉だったと思います。 「求めなさい。そうすれば、与えられるであろう」という聖句は本当だということを実感します。

わたしの信仰生活について

この教会に入ってから、怒ったり人の悪口を言ったりしなくなったと友達みんなに言われます。以前は短気で人の悪口も言っていましたが、今はほとんど言わないのと同じです。 『モルモン書』も、どんなに忙しくても毎日一章は必ず読むようにしています。聖句の意味についても、いつもは気が付かなかったことにも何度か読んで初めて気が付くこともあります。「ここにも少し、そこにも少し」と教えを受けられることを実感しています。ですから毎日読むのは大切です。 車に乗っていた時に交通事故を回避できたことも何回かあり、そうしたときにも神様の助けを感じました。