mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
須藤泰章: 空調, モルモン書, 祈り, 震災, 神, 宗教, モルモン.

こんにちは,わたしは須藤泰章です。

わたしについて

建築現場で空調設備を設置する仕事をしていました。工期の都合で徹夜になったりすることもしばしばで、休みもほとんどありませんでしたが現在は退職し、ミニチュアダックスフントと一緒にのんびりと暮らしています。

わたしはなぜモルモンなのですか

3年前、マンション住まいの私に宣教師が突然訪ねてきました。 いつもはチャイムが鳴るとまず受話器を取るのですが、そのときは、今でもなぜそうしたのか分かりませんが、そのまま玄関に出て行きました。 すると2人のアメリカ人の宣教師が立っており、一緒に話をしているうちに「教会に行きます!」と答えてしまいました。ずっと宗教などに興味がなかった私がなぜそのように言ったのかも、未だにわかりません。 本来であれば3年前(2011年)の3月か4月にバプテスマを受けて教会に入る予定でしたが、震災があり、2011年11月に教会に入りました。 震災でも不思議なことがあり命が助かり、神様の助けを感じました。

わたしの信仰生活について

教会に入って良かったことは『モルモン書』を読み、祈るようになったことです。以前はこんな生活は想像すらしていませんでしたが、モルモン書を読み祈ることでやって良いことと悪いことに気づき、つい悪いことをしてしまったときにはすぐに「ごめんなさい」と反省することができます。たとえば職業柄語気を強めることが多かったのですが今はそういうことがあったときにもすぐに反省できるので、毎日の生活にけじめがついたような感じがします。