mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
浜本: 尊重, 活動, 行い, 雰囲気, 英語, 通訳, モルモン.

こんにちは,わたしは浜本です。

わたしについて

卓球、バドミントン、テニスなどラケットを使うスポーツが好きです。 映画鑑賞やゲームも好きです。 インドアもアウトドアも両方好きです。 一番好きなのが英語でしゃべることです。 アメリカとフランスにも住んでいました。 「はぐれ者」という言葉が好きではありません。 その言葉を無くすために、文化の違いを学ぶのが好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは代々仏教、神道の家系で、祖父母が先祖供養などをしていました。 それを見て、素晴らしい、と思っていました。 この教会に入る前、宣教師と話しているときに、試しにこんなことを言ってみました。 「わたしはどの宗教も信じています」 すると宣教師は 「わたしたちはどの宗教にも敬意を払っています。ですが崇拝となると、わたしたちは神様とイエス様を大切にしています」 と言いました。 そのとき宣教師の、自分の信念を曲げないけれどもほかの宗教も愚弄したりしない態度を感じました。 「こちらが正しいです」とも「仏教には意味がありません」とも言いませんでした。 その態度に好感を持ち、教会に入りやすくなりました。

個人の体験談

祈りはどのような方法で答えられてきましたか。

時には直接的に、明確な方法で祈りは答えられますが、そうしたことは珍しいと思います。 知り合いの人の言葉などを通して答えられたり、何かをふと思うことで新しい気付きがあったりすることで、答えられることが多いです。 何か別のことをしているときにふと「あれはどうしていたかな」「あれはああだったよな」と思い付くとき、いつか悩んでいたことに対する答えが与えられたのだと思います。 神様は真実をわたしたちに教えてくださいます。 時には、真実は苦しいです。 それを受け入れられる今だからこそ、教えてくださると言えると思います。 神様は、常に人の成長も考えて、祈りに答えてくださっているのだと思います。

わたしの信仰生活について

この教会はマジメなばかりではありません。 たくさんのイベントがあります。 たとえば子供たちが一生懸命劇をするクリスマス会。 みんなで仮装をするパーティー。 サバイバルの技術を学ぶ活動。 気軽に来れてずっと無料の英会話。 釣り。教会の人には釣り好きが多いです。 若い独身成人で施設に集まって宿泊するカンファレンス。 餅つきもした新年会などがあります。 教会には行っていない方も気軽に来て一緒に楽しめます。 もちろん、イベントに参加するのに教会に入ることを条件にしたりしません。 また、教会外の方でも、やりたいことを言えば、宣教師を通して教会に話が持ち上がって、新しいことができるかもしれません。 教会の律法を守っていることで、人々が守られていると感じます。 また教会の基準を守るにつれて、教会外でももすばらしいと思われるようになっていくと感じます。 日ごろの心得がちゃんとしていると、相手に伝わるものがあるのだと思います。 行動、雰囲気がちゃんとしてくるのだと思います。 教会の基準を守っていると、話し方が丁寧だったり、周りの雰囲気が良くしたりできます。 教えの基準が高い分、いろんな人にそれが伝わりやすいのだと思います。