mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
荻田 晃: モルモン.

こんにちは,わたしは荻田 晃です。

わたしについて

7人家族の5人兄弟の末っ子です。 自分らしく生きることがモットーです。 趣味は絵を描いたり,歌ったり,小説書いたり,プログラミングも好き,で,オタクだったり。 数学とコンピューターの大学で勉強してました。 可愛いものが大好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

生まれた時から教会に行っていました。 でも,はじめ教会には半強制的に連れられてました。 でも,友達がいたり,教会の活動が楽しかったから,行くのは苦ではありませんでした。 でも,ある日を境に教会に行くのが嫌になりました。 不幸がたくさん訪れて,毎週教会に行って勉強していたのになぜこんな目に合うのかと考えるときがありました。 そのときは,少し死にたい思いでした。 で,いつも神様が本当にいるのかと悩んでいました。 毎日祈りましたが,答えは返ってきませんでした。 で,数か月後,祈りました。 神様に思いを全部ぶつけました。 もしかしたら,ひどい言葉も使ったかもしれませんが,そのときにたくさんの聖書やモルモン書の言葉を思い出しました。 一つ一つの言葉に反抗したり,否定したりしました。 そのたびに,また言葉が出てきました。 心の中は悲しみと苦しみしかなかったのに,なぜこんなに言葉が出てくるのかなと感じました。 そして,最後には強く誰かに抱かれていると感じ,その言葉に否定できない強い気持ちを感じました。 そして自分の弱さを知りました。その時以来,神様が本当に身近な存在となりました。 そして,祈りの力は神様からの贈り物のひとつだと知っています。 今でもよく祈っています。 些細なことでも祈ります。 失くしものをするのが得意で,時間に追われても祈ります。 祈る時間がもったいないと感じることもありましたが,神様は私のことをよくご存知であり,どこに探し物があるのかもご存知なので,祈ります。 そして,すぐに見つかります^^

わたしの信仰生活について

宣教師です。 家族がこの世だけではなく,次の世でも永遠に一緒にいられることについて紹介しています。 家族で毎週行う家庭の夕べが好きでした。 毎週,月曜の夜に1~2時間ほど,家族だけの時間を作って聖書とかモルモン書とか学習したり,遊びに行ったりしました。 家族の中にいつまでも変わらないものがあったことに感謝しています。 私も家庭をもったら,毎週この活動を行いたいと思います。