mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
カルビンJ.坂本: 改宗, 釣り, 石巻, スカウト, ガーデニング, 奉仕, モルモン.

こんにちは,わたしはカルビンJ.坂本です。

わたしについて

アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ,カリフォルニア州ハンチントンビーチで育ちました。 私は夫であり,父であり,祖父です。 趣味は釣り,スカウト活動,ガーデニング,BYUのフットボールとバスケットボールの試合に参加すること,子供や孫と楽しむこと,他の人々に奉仕したり助けたりすることです。

わたしはなぜモルモンなのですか

高校で最上級生になったとき,私は末日聖徒イエス・キリスト教会の会員の友達になりました。彼は転校生で,新たに出会う人々に親切にしていました。彼は人々と友達になると,彼の教会の活動に参加して宣教師と会わないかと尋ねていました。私は彼の親友として,この教会が彼にとって大切なものであると感じていました。 私は彼に,なぜ私を宣教師に会うよう誘わないのかを尋ねました。すると彼は「君は仏教徒だと思っていた」と言いました。私は彼と一緒に宣教師のレッスンを受けましたが,バプテスマを受けて教会に加わることはありませんでした。私は教会の奉仕と活動にその友人と一緒に9か月間ほど参加しました。私たちはしばしば福音の原則について話し合いました。私は教会は好きでしたが,宣教師とその友人には,私は加入するほどしっかりとは教会について知らない,と言いました。私は長い時間ひざまずいて,末日聖徒イエス・キリスト教会が真実かどうか,ジョセフ・スミスが本当の預言者なのかを祈って尋ねていましたが,答えを受けることはできなかったのです。 ある日,その友人は,一緒にひざまずいて祈るよう言いました。彼が祈り,次に私が祈りを捧げました。私の祈りの中で,私は以前には一度も経験したことのない暖かいものを胸の中に感じ,これが私の天のお父様からの答えであると知り,バプテスマを受けて,お父様の真実の教会の会員になりました。

わたしの信仰生活について

わたしはテイラーズビル市(アメリカ合衆国,ユタ州)のコミッショナーをしていました。 またボーイスカウト・アメリカでたくさんの地位を持っていました。たとえばウエブロ隊指導者,ブレザー隊指導者,カブ隊長,スカウト隊長,地区担当コミッショナー,カブ隊長の指導者などです。グレートソルトレーク地区ラウンドテーブルの一員であるかカブ隊長を訓練する手助けもしました。わたしはウッドバッジビーズを授与され,ウッドバッジ実習所のトレーニングに参加しました。 教会ではたくさんの奉仕の務めをいただいてきました。大人,若者両方と共に奉仕しました。大学での教育を一時中断し,2年間わたしの教会のため宣教師として奉仕しました。日本中央伝道部で奉仕しました。現在,妻と共に日本仙台伝道部で19か月間の奉仕をしています。妻と私は,東日本大震災を経験された人々のお役に立つ奉仕をするのが大好きです。