mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Hiroshi: 翻訳, 英語, 英検, サックス, ウォーキング, モルモン.

こんにちは,わたしはHiroshiです。

わたしについて

わたしは翻訳を仕事としています。長年勉強してやっと英検1級にも合格しました。今、国連英検特A級を目指して勉強しています。健康のために最近ウォーキングを始めました。子供のころはソフトボールなど球技が好きでした。高校時代は学校の吹奏楽部でサックスを吹いていました。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは16歳のときに、モルモンになりました。子供のころに幼稚園で神様やイエス様の話を聞いて、お二人を身近に感じていました。15歳のころに、人生の目的や試練の意味について考えていて、神様の教えを学びたいと願うようになりました。15歳の終わりころに、モルモンの宣教師たちに会い、その人柄に特別なものを感じて、彼らの信じている教えを学び、自分もそのように信じて生活したいと思うようになりました。彼らから話を聞き、その話がほんとうかどうか、祈りを通して神様に直接聞いてみました。その時に、何か暖かいものに包まれたような気がして、神様がわたしの言葉に耳を傾けてくださっているように感じました。それ以来、神様のことをもっと知りたいと願うようになり、今に至っています。

個人の体験談

幸福の計画を知ったことによって,あなたの生活はどのように変わり,向上してきましたか。

この世の人生がすべてではないと知ったときに、希望がわいてきました。この世で学んだこと、経験したこと、家族や友達との関係が、死によって失われると考えると、むなしい気持ちになります。でも、この世で努力したことは、すべて、次の世の自分の生活に反映されるのです。 神様がおられて,わたしを個人的に御存じで、わたしの父としてわたしが幸福になれるように願っておられ、助けてくださることを知っていると、平安と喜びと愛が心に満たされます。人が見ていても、見ていなくても、神様が見てくださっているので、いつでもどこでも、正直に行きたいと思うようになりました。 イエス様が、わたしの友として、わたしを愛してくださり、わたしの罪の代価を支払うために、尊い命を犠牲にしてくださったことについて考えると、愛と感謝の気持ちに満たされます。イエス様はそれほど深くわたしを愛してくださっています。そしてそのことを、明確に示してくださいました。わたしもイエス様の教えを学び、従い、イエス様に少しでも似た人になりたいと思います。

わたしの信仰生活について

信仰に忠実に生きるためには、毎日、神様とイエス様のことを考えることが大切です。わたしは、この世の生活だけでなく、次の世に行ったときに、神様とイエス様にお会いすることになることをよく考えます。そして、この世の生活においても、神様とイエス様から多くの助けを受けることができます。神様に祈るときに、平安が得られます。聖書やモルモン書から神様の教えを学ぶときに、今の自分に必要なことは何かを知ることができます。賛美歌を歌うときに、慰めは励ましを得られます。日曜日に教会に行って礼拝行事や日曜学校に出席するときに、喜びを感じます。戒めを守るときに、信仰の高まりを感じ、神様がほんとうにいらっしゃることを感じることができます。