mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
大さん: 改宗者, 大連, 金沢美大, デンリーダー, ENDO TIMES, NPO IERS, モルモン.

こんにちは,わたしは大さんです。

わたしについて

わたしは71才です。3人の息子達はそれぞれ独立して、今は2人暮らしです。わたしの趣味は「最愛の妻」です。妻は手話のボランティアに 週日出かけるので、わたしが全面的にバックアップしています。その合間に家族新聞「ENDO TIMES」を発信しています。わたしの日常を紹介するためと、子孫に残したいためです。NPO法人IERS の情報紙「IERS NEWS」も発行しています。このNPOは、教会員の有志によって組織され、世界で活躍できる若者を育成し、宗教心を身につけ、語学力を修得させる活動を行っています。最近、カブスカウトのデンリーダーに復帰しました。子供達一緒に遊ぶ野外活動を工夫することは、ぼけ防止に最適です。

わたしはなぜモルモンなのですか

20才の時に出会った2人の宣教師は、わたしにとって神様から使わされた「天使」でした。同じ世代でありながら、確固とした使命感を持って日本に伝道に来た宣教師達の生き方に接して、わたしも同じ信仰を持ちたいと素直に決心しました。モルモン書はまだ読み終えていなかったが、出会って2ヶ月後にバプテスマを受けました。あれから半世紀近く経ちました。息子達も成長して家族を持ち、孫も増え、みな福音の中で楽しく生活しています。預言者の言葉にあるように、「家庭は小さな天国」です。子孫の成長と繁栄を見るのは何にも勝る喜びです。20才の選択に間違いなかったと証します。天父と御子は生きています。この福音が真実であると心から信じています。

わたしの信仰生活について

わたしは、バプテスマを受けて以来、神様と聖約を新たにし、福音を学ぶために、毎週日曜日に欠かさず教会の集会に出席しています。教会員の家族の交流を深めるために、毎月「社交ダンス」の訓練会を企画しています。ダンスの合間に趣味の紹介も行います。何らかの理由で教会に出席できない教会員のお家を定期的に訪問する活動もします。定期的に神殿に参入しています。これは一番大切な奉仕です。神殿で先祖の守りの力を頂くと、家族が強められます。子供達が小さかった時は、家族の祈りや家庭の夕べは、何度も中断しましたが、2人の時代になって見ればそれも懐かしい思い出です。