mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
たかみ: ハーフ, 大学生, アメリカ, コワルスキー, ポーランド, たかみ, モルモン.

こんにちは,わたしはたかみです。

わたしについて

顔は白人。名字はポーランド。名前は日本語。「なにじん」?とよく聞かれます。ハーフって自己紹介大変なんですよ。(笑) ポーランド系アメリカ人の父と日本人の母の息子です。日本生まれアメリカ育ちで、今はユタ州の大学で機械工学を勉強と医療機器の研究をしています。性格は人好きで、笑うことが大好きです。勉強をがんばってしまうタイプなので、暇な時間は少ないですが、空く時間に友達と卓球、テニス、テレビゲームをすることが好きです。あと、ギターも弾きます。

わたしはなぜモルモンなのですか

簡単に言うと、モルモン教に通い続けるのは、モルモン教が好きだからです。 両親は二人とも教会員なので、教会に通い始めるきっかけはただ単に子供として連れて行かれていたことです。中学時代に自分の意思で行くようになりました。前から教会は好きだったのですが、中学生になるまで無意識的に両親について行ってたことに気付きませんでした。それまでに教会の教義に従ってどれほど幸せな人生を送られたか考えているうちに、やはり続けて教会の会員として生活していきたいと思いました。人生を一変させるような体験があったわけでもないのですが、生活の些細なところまでイエス様の善い影響を感じてきたので、それを続けることが大事に感じました。 今は教会の中で活発に良い経験を積んでいます。友達と宗教の話をすることが好きです。モルモン教に対していろいろと誤解があると思いますし、自分も他の人の宗教や生活の送り方について勘違いしているところがあると思います。違うことを信じている人とフランクに話すことによって互いに理解を深め、尊重し合うことができればいいな、と思っています。

わたしの信仰生活について

毎朝神様のための時間を設けるようにしています。お祈りして聖文を読み、教会の他の資料も勉強したりします。これを実践できていると自分の人生のコントロールができていると感じます。あとは、しないべきでやってしまうことや、するべきでしていないことに気づくきっかけとなります。その時間を通して現在の自分、いつかなりたい自分、他人が思う自分と神様が望む自分を一致させるために何が必要か考えます。 日曜日は教会の集会に集います。礼拝行事の中で神様を身近に感じることがよくあります。集会の聴衆者と一緒に賛美歌を歌う時の感動、教師の言葉に感銘を受ける時など、教会の集会は神様の愛が感じられる場所となります。