mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
バリノ: バリノ, 物理学, ハワイ, 長老, 東京, カイナル, モルモン.

こんにちは,わたしはバリノです。

わたしについて

わたしはハワイ州の中の小さいな町で育てられました。高校卒業は2009年で大学に行った時に物理学に専攻しました。科学が大好きです。将来に研究者と先生になりたいと思います。今のところ日本人とイエス・キリストの福音を宣べ伝える宣教師として日本に住んでいます。日本で人々に愛に溢れる天のお父さまがいるということを教えるのは大きいな喜びです。 しゅみといえばテニスをすることが好きです。海に行くことも家族とか友達とかキャンピングをすることも好きです。だからといっていつも外にいるわけではありません。テレビゲームも、たとえばNintendo Wiiなどすることが好きです。全体的にゲームが好きですよ。カードゲーム(トランプが必要なゲームなど)、ボードゲーム(囲碁、チェスなど)が好きで物理学の代わりにコンピュータープログラミングかゲームデザインか勉強しようと思ったことがあります。 ちなみに5人兄弟です。ハワイ州の島々はすごく小さいから親戚は近くに住んでいます。ですからたびたび一緒に活動をしています。毎年大きい家族としてみんな、おばあさん・おじいさんとおばさん・おじさんといとこも、全員集まってキャンピングします。親戚は私に近くに住んでいるのはすごく幸運です。いつか自分の家族がほしいです。そして科学的な仕事をすることも望んでいます。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは21歳ですけどまだ若いですね。出会った人と話すときに「わたしはモルモンですよ!」と言います。そうすると相手は「ああ、そうですか?両親もモルモンですか?」と聞きます。「そうです」と答えると「だからあなたはモルモンだねえー、当然ですよねえー」と皆は言います。生まれてからモルモンとして育てられた。それは間違わない。でもなぜ教会が必要なのか・イエス・キリスト教会はたくさんあるからなぜこの教会は正しいか理解しませんでした。教会の活動は楽しかったですけど友達もいっぱいいるし、ですけど逆に教会に行きたくないときも多いです。なぜ日曜日海に行けないか・なぜ土曜日早く家に帰らなければならないか、教会の重要性がまだ分かりませんでした。 けど年を取って科学に興味があったんですね。それで科学を勉強している間に本当に神様がいるかどうか、神様は地球を創造されたと聖書に書かれていますが宇宙爆発起源論を聞くとそうではないかなという風に深く考えました。科学を信じると神様は存在できませんと時々人は思うかもしれません。わたしもそう思ったですけど「ええーどうしよう!」と思って「両親はそう信じていますが」という心配があったんですね。また人生は難しいですからいろいろの試練が出てきたわけです。それで神様を信じながら祈りました。それは教会の勧めです。モルモン書は真実かどうか、それと神様、本当にいるかどうかお祈りで答えを求めました。確認を受けました。ある日から今までもっと強い教会員です。これからも聖文を一生懸命勉強していきます。熱心に教会のことをするつもりです。毎日祈ります。それで幸せです。

わたしの信仰生活について

今日本に召された宣教師です。毎日アパートから出て道に歩いている人とか公園の中にいる人などに声をかけてイエス・キリストの教え(福音)を伝えます。そして誰か興味があれば約束を取って別の日に深く教会のことについて話し合います。教えること・福音を伝えること全て日本語でですよ!外国語を学ぶのは難しいですけど相手と話すことができれば楽しいです。だから日本語を上手に話せるまで勉強していきます! 福音を通して社会を強めることが出来ると信じていますが福音だけではなく他の方法を通しても社会を実際に強められると分かっています。ですから一週間の中に多くの活動をやります。たとえば活動ナイトやスポーツナイトなど教会の建物を使ってするのです。スポーツナイトは何ですかというと教会で大きいなホールがあります。その部屋にバスケとかドッジボールなどします。活動ナイトとはいろいろの活動をやりただ友達と楽しい時間をすごすこと画できます。全部の活動は無料です。また英会話も無料で教えます。本当奉仕活動が好きです。人の幸福は私たちの幸福です。わたしたちの望みはこれらの活動によって社会はもっと強くなります。 帰るときに大学に戻って物理学を勉強し続けるつもりです。そして先生になって人々を教え、自分の夢をもとらすことができるように。