mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
みちこ: 看護師, 改宗者, 母親, セミナリー教師, 系図, モルモン.

こんにちは,わたしはみちこです。

わたしについて

私は、美智子です。私はオルゴールが大好きです。また、自然の中を歩くことが大好きです。小さいころから読書も好きで、学校の図書館や、街にある図書館は私の大好きな場所です。「ナイチンゲール」の伝記を読んだ時、看護士になりたいと思いました。今は、看護士です。高校時代から始めたボランティア活動を通し、人を助けることで自分も成長することを学びました。子供は3人います。長女は保育士ですが現在は宣教師の奉仕をしています。次女は大学生です。息子は宣教師になるために、準備をしています。私たち家族は一人一人、さまざまな個性や好みの違いがありますが、共通していることはみんなが教会を楽しんでいるということです。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は、小さい頃にイエス様の紙芝居を見ました。そしてイエス様が大好きになりました。でも、教会に入ったのは20歳の時です。教会に入りたくて教会を探しに行く計画を立てていた前日に、学校の友達に、この教会の無料英会話に誘われました。最初は断りましたが、友達が「午前中に英会話に参加し午後から探しに行けば?」と言われそのようにしました。行ってはじめて、そこが教会であることを知りました。宣教師さんに、「ここはどういう教会ですか?」と尋ね、英会話のレッスンはせず、福音について友達も一緒に学びました。友達は福音の話を聞くことに不安を感じ、私にも教会に行かないように言いました。でも、私は、宣教師の言うとおり、お祈りをして、モルモン書を読んで、神様が本当に生きていることを知りました。周りの友人や先生、家族の猛反対があり多くの友人も失いましたが、自分の心に正直に生きてきました。。自分自身も宣教師になって伝道する機会もあり、多くの経験をし、たくさんの祝福も受けました。離れたいった友人たちへの愛もさらに強くなりました。いつかまた、友人たちと語り合えるのを楽しみにしています。

わたしの信仰生活について

私は、難しい責任でも自分の成長につながることを知っています。多くの人々がそうであるように、必要とされれる機会をとらえ、自分にできることをコツコツすることは大切なことだと知っています。学校ではPTA 活動、教会では、小さい子供や青少年、高齢者など助けや愛のある励ましが必要な方に自分にできるお手伝いをすることは、大切だと感じています。地域社会に対してはイエス様のように良い模範であるように、家族や親族に対しては、とくに系図活動を頑張っています。