mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
中島 謙一: サッカー, デザート, 賛美歌, 健康, 鉄の棒, モルモン.

こんにちは,わたしは中島 謙一です。

わたしについて

好きな食べ物は、ラザニア、タコス、ハーゲンダッツ(チョコクッキー味)です。 サッカー観戦が好きです。 仕事の内容はデザート製造です。

わたしはなぜモルモンなのですか

ある日仕事から家に帰ってきたときに、宣教師が家にいました。 宣教師が賛美歌を歌っているのを聞いたとき、優しい気持ちになりました。 それが教会に入るきっかけになりました。 宣教師たちは人生の目的についての話をしていました。 福音のおかげで、素直な気持ちになることができます。 自分を赦せるようになります。 自分が失敗したりしたとき、自分が人に対して力不足だったとき、鉄の棒の話を思い出します。 鉄の棒は、教会で出版されている『モルモン書』の中の物語です。 『モルモン書』の中の登場人物が、鉄の棒に沿って歩き、おいしい実のなる木までたどりつく話です。 その物語を聞くと、いろんな物事に、信仰をもって対処しようと思えます。 また、仕事で力不足を感じるときに、指摘された理由をよく理解できるようになったのも、福音のおかげです。

わたしの信仰生活について

教会では、備品の整理などの奉仕をしています。 教会にある,古くなった賛美歌をリサイクルのために提出したりします。 教会で兄弟姉妹の笑顔を見ることが好きです。 宣教師と会うのも好きです。 普段は工場の中で仕事をしている為、人とのかかわりがあまりありません。 だから日曜日には、教会に来て、人の役に立つように努力しています。 具体的には、女性が重い物を運んでいると、無意識に手を差し出します。 教会で人々のお手伝いをしていると、職場でも同じように、人の役に立つことができるようになりました。 戒めを守っていると、健康にも恵まれます。 健康の為の知恵を教えることもできます。 相手のことを思いやって警鐘を鳴らし、注意した方がいいことを知らせ、促します。