mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
弾: 学生, 既婚, 二世, 教師, モルモン.

こんにちは,わたしは弾です。

わたしについて

私は高校卒業まで東京にいました。高校を卒業して半年程してから、教会のボランティア(布教活動)でアメリカのカリフォルニアオークランド伝道部にて2年間働きました。その後帰国し、郵便配達を経て22歳でハワイにある大学へ入学しました。26歳で大学を卒業した後は東京で教育系の企業へ就職しました。4年半務めましたがその間色々と感じる物があり、教師になる事を決めて30歳で退職しました。教員免許を取る為に再度勉強し日本の大学の3年次編入試験を受けて31歳の4月に入学、現在学生をしています。31歳の6月には結婚をしました。妻の理解と助けがあって毎日を過ごしています。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は両親の影響で小さい頃から毎週日曜日に教会に連れて行かれていました。これがきっかけです。 そして思春期に差し掛かると自分の意志で教会に行き続けるか、または他の事に日曜日を使う事を選ぶのかという選択が出来る様になりました。その時に私が教会に行く事を選ぶ為に影響を及ぼしたのはモルモン書だと感じています。 モルモン書は紀元前約600年から紀元約400年の出来事の記録で場所は主にアメリカ大陸です。その当時の人々の記録を見ると現代に通じる原則を沢山見つける事ができます。そしてその記録を読み原則について考える時に心の奥底で感じる促し(良心のようなもの)に従う時に、心にとても良い影響を感じる事ができます。この経験の積み重ねがあり、私は教会に残る事を選んだのだと思います。 教会はただ参加する場所ではなく、人々へ奉仕をする場です。そして自分がキリストの様な属性を身につける為に教化し合う場所です。これは永遠に価値がある事だと考えています。金銭的な報酬はありませんが、それ以上に喜びとなる経験です。モルモン書を読んでいる時に、私は利己的な思いが弱まり人へ仕える気持ちや人をいたわる気持ちが増します。その気持ちに純粋に従う時に、他人の祈りの答えとなり力になる事が良くあります。まさに神様の右腕となり、神様と思いが一致している感覚があります。そして人に喜んでもらえます。私がモルモンであり続ける理由はここにあると思っています。 私は神様が組織された教会の仕組みは素晴らしいと思います。なぜならば人に仕える為に何ができるか一生懸命考えて行動する時に人を喜ばせる事ができるのと同時に、自分も成長している事に気づくからです。しかし自分の成長のみを考えている時にはあまり成長しません。とても不思議だと思います。このような原則もモルモン書から読み取る事ができます。 私はまだまだ不完全ですが、この教会を通して真のキリストの弟子となれるように目指しています。 その機会と必要なツールを提供してくれるのがこの教会です。その理由から私はモルモンであり続けます。

わたしの信仰生活について

教会の目的の一つに「聖徒の完成」があります。聖徒とは会員の事です。完成とはその文字通りキリストの特質を身につける状態(完成)に向けて努力する事です。教会の建物や教会の組織や教会で従う戒め(決まり事)や一人一人が持っている責任も全ては私達会員が完成に近づく為の道具です。この道具を使って会員の心の成長を助ける事が出来る様に、また助けを自分が得る事が出来る様に、積極的に関わりを持つ様に意識しています。