mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Masanao: 柔道整復師, 宣教師, 陸上競技, 岡山県, モルモン.

こんにちは,わたしはMasanaoです。

わたしについて

私は岡山県で生まれ育ちました。7人家族で2番目です。私は家族が大好きです。福岡で柔道整復師の資格を取るために引っ越しました。私は飛行機が大好きです。何時間でも空港にいることができます。10年間陸上をしていました。走ることが好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は幼い時から、両親とともに教会に集っていました。正しいかどうかなどわかりませんでした。なので、自分でこの教会に行くことが正しい選択なのか、神様がいるのかどうか知りたいと望むようになりました。そして、15歳の時、当時の預言者が、「モルモン書を全部読んだことがなければ年内中に読んで下さい。そうする時に、モルモン書が神様から来た書物であり、神様がいることを知ることができるでしょう。」と仰いました。私はその勧めを行おうと決意しました。文字を読むことが好きではなかったのですが、少しずつ読むことを努力しました。わからないところが来る度に神様に祈りました。そうしていくうちに、心の中に何かを感じ始めました。私はモルモン書を読む時に感じる気持ちに少しずつ集中するようになりました。そしてモルモン書を読み終えた後、モルモン書の最後の書であるモロナイ書10章3ー5節の言葉の通りに、神様に祈りました。神様が私の努力と祈りに答えてくださり、私はモルモン書が確かに神様から来た書物であることを心の内から知ることができました。私の人生は正しい真理を知ったことで、より楽しくなっています。心が解放され、心の喜びが福音を通してもたらされています。この教会は確かにイエスキリストの真の教会であることを証します。

個人の体験談

人生の目的を理解するうえでモルモン書はどのように役立っていますか。

モルモン書は私にとって人生の教科書のような存在です。いつもどうすればよいか迷った時に、アドバイスをくれます。

わたしの信仰生活について

この教会にはたくさんの奉仕活動があります。教会の集会も奉仕で行っています。誰一人として教会から報酬をもらう事はありません。一人一人の神様を愛する気持ちでこの教会は成り立っています。誰一人として強制でやっているわけではなく、自分の意思で行っています。そのような彼らと一緒にいる時に愛を感じることができます。家族が増えたような気持ちになります。彼らに会う時に私の神様に対する気持ちが強くなることができます。私は青少年の男性たちと接する機会がありました。彼らを通していつも正しいことを行いたいという気持ちになります。私も自分の意思で正しいことをしようとするときに、神様が助けて下さるのをたくさん経験してきました。