mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
奈良 淳子: 改宗者, 中国語, 読書, 保育士, 家族の歴史, 音楽, モルモン.

こんにちは,わたしは奈良 淳子です。

わたしについて

私は主人と1人息子とうさぎと一緒に暮らしています。 今の仕事はマンションの管理員です。 学生時代は保育に興味があり、保育園・ベビーシッター・ヘルパーなどで働いてきました。 趣味は読書と投稿で、ピアノは時々弾きます。 家族の記録作りに興味があり、ファミリーという本を作りました。 アロマテラピーや調理師の資格などを持っています。 中国語を少しずつ学んでいますが、いつか中国の方に少しでも役立つ人になりたいです。

わたしはなぜモルモンなのですか

小学の時に近所の小さな伝道所を開いていた老夫婦から聖書をいただき、その優しさに触れて教会に対しての良い気持ちを感じていました。高校の時にプロテスタントの友人から教会に誘われて3年間教会に集いそこでたくさんの愛を受け、その後に進学した学校でモルモンの級友からこの教会に誘われました。モルモンの宣教師からレッスンを受けているときにとても良い気持ちを感じ、神様がどのような方でイエスキリストがどのような方かがわかりいろんな葛藤がありましたが私はモルモンの教会を選びました。  一番心に残っていることは背教があったためにたくさんの教会があることを学び、それまでどうしてこの世の中にはたくさんの教会があるのかがわからなかったのでとてもよかったと思います。  教会員になってから聖典をよく読むようになり、福音に従っていくうちにこの教えがよいことをさらに知ることができました。私は若い頃、自分に自信がなかったのですが、福音のおかげで両親や家族の愛、神様の愛を深く知るようになりました。また自分がどんなにだめだと思う時にでもイエスさまは愛してくださっていることを知ることができて本当に感謝しています。

個人の体験談

モルモンはどのような理由から,家族歴史や系図活動を行っているのですか。

私は宣教師や教会員から亡くなった先祖たちも教会の儀式を受けることができるように系図を行っていることを聞きました。そして自分の先祖も教会員になるかどうかの機会があることを願ったので、系図を調べることにしました。系図を調べている間にとても良い気持ちを感じ、どのようにすればよいのかわかることができました。 一番うれしかったことはこの系図を取り寄せるために教会員でない家族や親族が助けてくれたこと、そしておばあちゃんたちに生の声で先祖のことを聞けたり、戸籍の行間から先祖の中でどのようなドラマがあったかを知ることができて先祖を身近に感じることができたことです。今は、生きている家族のためにもファミリーという本を作ってみました。親族の絆を少しでも深められたらいいなと思っています。

人生の目的を理解するうえでモルモン書はどのように役立っていますか。

私はこの世の嵐や自分自身に落胆するときに、モルモン書を読んでいるとだんだん平安な気持ちになり、今自分がしている苦い経験は自分が成長するためにあることを思い出すことができます。そして、自分は神様の子供であることを思い出し、元気になれます。

あなたはなぜ,またどのように友達と福音を分かち合っているのですか。

私は友人を通してこの教会を知ってとても幸せになったので、私も家族や友人、職場の方など知り合いになった方に分かち合いたいです。教会のことについて知ってもらうためにいつもお財布やかばんに教会がここにあるのでもしよかったら来てください、宣教師がすばらしいメッセージを教えてくれますという内容のカードをお渡しして、相手の方に選んでもらうようにしています。また教会員であることを知っている家族や友人には教会であったよかったこと、楽しかったことを普通の会話と同じように話しています。

わたしの信仰生活について

私は教会の中で、音楽の伴奏者していて奉仕しています。 音楽を通して神様の愛を感じることができます。 また仕事場では上司と同僚を信頼して正直に働くことでとても幸せで良い関係を作ることができます。 小さいことですが、町内会の廃品回収などを大切にしたり、交流会でも自分でできることがないか自分から声をかけるように心がけています。そういうことが信仰に忠実に生きることなのかと思っています。