mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
尚宏: 水泳, 日本, 自転車, 改宗者, 名古屋, 伝道部, モルモン.

こんにちは,わたしは尚宏です。

わたしについて

私は現在宣教師として奉仕しています。私は福島県で育ちました。小さいころから活発で、スポーツが好きでした。特に水泳が大好きだったので、高校も大学も水泳で進学しました。中学高校大学と、水泳が私の生活の中心でした。泳ぐことが好きで好きで仕方ありませんでした。オリンピックを目指していましたが、大学卒業とともに引退することを決意し、仕事に就きました。仕事は、私は小さいころから学校の先生になりたいと思っていたので、大学でも教育学を学び、免許を取得して教師として働きました。私が小学生だったときの先生が私に影響を与えて、私も教師として子どもたちに夢と希望と生きる力を与えたいと思いました。その後、宣教師として奉仕する機会に恵まれたので、教師を辞めて、宣教師になりました。私の今までの人生を振り返ると私がやりたいことを選んできていると思います。またそれが実現しているので本当に幸せな人生だと思います。私の人生は私自身で選ぶことができましたが、私は神様の思いに自分の人生を調和させていこうと思いました。私は本当に毎日幸せを感じています。

わたしはなぜモルモンなのですか

私は神様の存在を感じていたと思いますが、宣教師に会うまでそれに目を向けることがありませんでした。感じてはいるものの、信じることはしませんでした。しかし宣教師を通して、神様の存在を強く感じるとこができました。彼らを通して希望の光を感じることができました。また教会員を通して神様の愛を感じました。 宣教師からモルモン書を読むことと、祈ることを教えてもらいましたが、はじめはなかなか行動できませんでした。しかし、宣教師が私に残して言った言葉が心から離れませんでした。しばらく考えた後にアパートの静かな場所でひざまずいて祈りました。心から祈りました。その後に私は大きな平安と優しい気持ちに包まれて、宣教師が残していった言葉が真実だということを知ることができました。外に出て散歩したとき、すべてのものが美しく、感謝の気持ちにあふれました。 皆さんにお伝えしたいことは、モルモン書はあなたに与えられた神様からの愛です。また、祈りは神様との関係をつなぐ方法です。それらのことを熱心に心から行うときに、確かに神様の力を感じることができることを約束します。神様はあなたのことを愛しています。

個人の体験談

バプテスマについて教えてください。

バプテスマは神様との約束です。これからも神様に従って、神様の思いに従った生活をしていくことを神様と約束します。しかしそれで終わりではありません。バプテスマは、門です。門をくぐって目的地へつながる道に入ります。門をくぐってからも道は長く続きます。その道は、時には簡単ではありませんが、私たちの目的地につながる道です。歩むべき道が知らされていて、また案内人として聖霊がともにあることは本当に祝福です。

わたしの信仰生活について

私は22歳のときにこの教会を知りました。宣教師が私の家を突然訪問してきました。それは私にとって一つの神様からのプレゼントだったと思います。私の家に宣教師が訪問してきたときは、私が神様の力を必要としているときでした。 私は私の人生を神様の思いに調和させていくことを選びました。神様の思いは私たちが幸せになることであることを聖典から学ぶことができました。 日々の生活で私たちは神様の力を感じることができます。私はこの教会の教えを聞いて、生活を改善していきました。生活の中で悪いものを取り除き、良いものを取り入れて生活していきました。それは時に理解できないこともありました。しかし神様は私たちの理解を超えて、私たちが幸せを感じることができるようにすべてを用意してくださっています。 私たちは完全ではありません。しかし向上していくことができます。教会を通して成長することができ、また神様との関係を強めることによって生活の中に希望を見出すことができます。