mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
りえ: 北海道, 改宗者, 無宗教, デジタルミッション, モルモン.

こんにちは,わたしはりえです。

わたしについて

仕事のために、北海道を離れました。10年前に夫と知り合い、結婚しましたが、子供はいません。家族では私だけが教会の会員です。 趣味は読書です。マンガも好きです。 自宅では毎日ラジオを聞きながら生活をしています。通勤中にもラジオを聴いています。 テレビは特定の番組を録画して観ていますが週に2~3時間くらいです。 ヘンデルのメサイアを日本語で歌う合唱団に参加しています。アルト(女性低音部)を歌います。 ほかにも歌でハモるのが好きですが、楽譜が読めないため、いつも練習音源を使って覚えます。

わたしはなぜモルモンなのですか

子供の頃、私は神の存在を知りませんでしたが、誰か大きな存在がいると思っていました。 しかし、私が14歳のころ、病気で入院していた母が亡くなりました。長い間、母が治るようにと「誰か」に祈り続けていた私は、「この世には神も仏も何もない、宗教なんて全部ウソだ」と強く思いました。 そして、「今が楽しければよい」という刹那的な考えに変わり、先のことは何も考えず、その場限りの一時的な楽しさばかりを追求していました。 それから10年後、一緒に遊んでいた友人が宣教師と出会い、教会に改宗しました。彼女の勧めで宣教師から教会の話を聞くことになりましたが、宗教に対する悪い印象があったため、内心は聞きたくないという思いでした。しかし、たどたどしい日本語で「神様は生きていらっしゃいます」と話し始めた宣教師の言葉に耳を傾けるうち、信じられないことですが、私の心の中で「あっ!神さまはやっぱりいるんだ!」と感じたのです。そしてその気持は自分でも否定できないほどに強い確信となったのです。 それがモルモンとなる動機であり、何度も挫折しながらも、踏みとどまらせる大きな力になっています。

わたしの信仰生活について

毎週日曜日に教会へ通っています。 そこで3歳から12歳までの子供に、イエス・キリストについて教える割当があります。 残念ながら私には子供がいませんが、このような機会を通して子供たちと近く接することができるのは 神様からのプレゼントだと思っています。