mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
智徳: 日本, 名古屋, 伝道部, モルモン.

こんにちは,わたしは智徳です。

わたしについて

私は小学生までの生活を広島で過ごし、小学6年生の夏から神奈川に住んでいました。大学1年生までの課程を修了し、今は宣教師として働いています。 卓球・水泳をすること、音楽鑑賞、アニメや動画などを観ること、料理などの与えられた食べ物の写真を撮ることが大好きです。それ以上に友達や家族と過ごす時間と食事が一番好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

私はモルモンの両親の元に生まれました。最初は教会の友達との楽しい生活、第五日曜日の教会でのカレー食事会が好きで好きで教会に来ていました。また家族が死後も一緒にいられることを4歳のときに母や教会の先生から教えられて知ったとき、安心したこと、その後日に神様に従わない人は悪魔に従うものであることを教えられたことも大きな理由ですね。中学生になってからは福音を知っているおかげで教会での平安をより強く感じ、また日曜に教会に行く週と行かない週の自分の状態の違いにも、幸福感の差にも気づけたことは私が教会に通い続けた理由ですね。 今友達と共に過ごす大学2年目・3年目の生活を捨て、伝道に出ているのも、そのほうが私の人生に祝福が有り、そしてそれ以上に他の人々が幸せになれると教会での今までの生活で知っていたからです。

わたしの信仰生活について

毎日朝と夜、そして何をするにも先立って祈りを神様にささげることです。特に食事の前の祈りは、料理が自分の前に運ばれるまでの、そしてそれらを私達のために用意された主の愛について深く考え感謝することができるので大好きな時間のひとつです。そして今は宣教師として教会員にもそうでない人にも会い、彼らの笑顔や、愛に触れられることが本当に祝福であることを感じています。本当にわたしたちが気づかないだけで本当は数え切れないほどの奇跡が日常の生活の中、神様の業によって行われ、多くのものを与えられていることを知っています。それらによって、そして多くの祝福があることを感じる時に、私の神様への信仰や愛は常に支えられ、そして強められます。