mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
太郎: 大学生, 伝道部, ピアノ, 日本, 神戸, 名古屋, モルモン.

こんにちは,わたしは太郎です。

わたしについて

わたしは大学生です。大学では経営学や会計学について学んでいます。将来は公認会計士になることを目指しています。今は休学中です。 わたしには趣味がたくさんあります。スポーツ、ピアノを弾くこと、絵を描くこと、読書、音楽、上方落語、パソコンを使うこと、またテレビを見ることも好きです。全てが良い趣味というわけではありませんね。でも、趣味が広いので、子どもから大人まで多くの人と楽しく話せるようになりました。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしはこの教会の家庭の中で生まれ、育ちました。なので、小さい時から毎週日曜日には教会へ行って聖餐をとり、他の人の証を聞く機会がありました。また、家族で一緒にモルモン書など聖文を読んだり、家庭の夕べと言うプログラムで共に過ごす時間が多くありました。要するに、わたしの両親や他の人の信仰や証によってわたしは強められて、教会に行っていました。 そんな中で、高校3年生のある時期に、自分の心がとても落ち込むような出来事が起こりました。その時にわたしは神様に頼り、彼を求めることによってイエス・キリストの贖いの力を感じ、またモルモン書を読み祈ることで、この教会や福音に対する証を得ることができました。それ以来、自分の至らなさや弱さを感じることがあっても、いつも贖いの力を感じて、御霊を通して神様とつながることができています。 わたしは、このように贖いの力や祈りを通して、いつも神様とイエス・キリストの存在を確かめることによって福音からたくさんの祝福を受けています。また、そうすることで自分が神様の子どもであること、そして愛されていることを知ることができます。

わたしの信仰生活について

モルモン書が重要な鍵を握っています。モルモン書は、その中にある教えを学び、守ることによって全ての人を神様のもとへ導いてくれます。わたしは毎日この本を読んでいます。そして、モルモン書が真実の書物であるのか、そうではないのかいつも神様に尋ねています。そうすることによって、いつも神様とイエス・キリストが今も生きていらっしゃるということを知ることができます。そして、わたしは信仰を保つことができています。 わたしは福音の助けを必要としている人たちがそれによって祝福を受けるのを見るのが好きです。でも、祝福を受けるには忍耐が必要です。普通、自分が成長して祝福を受けるには、御霊を感じて自分で神様に従う決意をする必要があります。神様とイエス・キリストに従うことにより、忍耐を持って求めるときに初めて自分の中に証を得ることができます。わたしは神様とつながりを持ち、助けを得ることで毎日福音の中で生活することができています。