mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
佳也: japan, japanese, soccer, Nagoya, Mission, モルモン.

こんにちは,わたしは佳也です。

わたしについて

私は6人家族で4人兄弟の末っ子です。3人の兄とは10歳以上離れていますが、とても仲の良い兄弟だと思っています。喧嘩とかもありますが、私は家族が大好きです。  スポーツが好きで、特にサッカーとバスケットボールが好きです。ヨーロッパサッカーを見るのが私の大きな楽しみの一つです。どの選手がどのチームに移籍したということはよく知っています。  15歳のとき、BYUハワイの3週間の英語プログラムに参加したことで外国語を学ぶことに興味を持ち始めました。大学ではスペイン語を勉強しました。勉強のかいがあって、大学の交換留学生としてスペインのレオン大学で1年間勉強しました。スペインの芸術について学ぶのがとても楽しかったです。大学を卒業した後に、伝道に出ることを決意しました。

わたしはなぜモルモンなのですか

私はモルモンの家庭で生まれました。「親から世話になっている間は毎週教会に行かなければならない」という両親が決めたルールがありましたし両親を尊敬していましたので、小さい頃からずっと毎週の安息日は教会に行っていました。親の信仰で教会にもセミナリーにも通っていました。 モルモン書を読んでいました。でもモルモン書を読むことと祈りを続けることを怠ってから、この世の楽しいことばかりを考えるようになりました。日曜日に教会に行くことも戒めも好きではありませんでした。そして自分には証がないと思っていたので、教会が真実の教会かというのを疑うようになりました。 もしこの教会が真実だったら、私が今まで教会で学んできたことは本当に大切なことだと思っていました。なので留学先のスペインでも教会に行くことを決意しました。スペインで初めて聖餐会に出席して賛美歌を歌った時に、これまでに感じたことのないような平安と喜びを感じました。ガラテヤ人の手紙の中に書かれている御霊の実をそれまでの人生の中で最も強く感じました。 末日聖徒イエス・キリスト教会は真実の神様の教会で福音が真実であると知っています。

わたしの信仰生活について

私にはモルモン書に対する強い証があります。モルモン書が大好きです。天のお父様への質問を考えながらモルモン書を読むときに必ず答えを見出すことができます。モルモン書にはたくさんキリストの教義が書かれています。キリストの教義とは信仰、悔い改め、バプテスマ、聖霊の賜物、最後まで耐え忍ぶことです。モルモン書に何度も出てくるこの教義を深く学んで’自分の生活に応用するときに、もっと自分が成長してキリストのような特質を身につけることができると知っています。 今この最も大切な教義をたくさんの人々にモルモン書から教えています。なぜならモルモン書からこれが神様のもとへ戻る唯一の道であるという証を得たからです。