mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
フェイス・スタブス: クィディッチ, ハリー・ポッター, オーストラリア国立大学, 宗教, 神, 士官候補生, モルモン.

こんにちは,わたしはフェイス・スタブスです。

わたしについて

私はオーストラリアの大学生です。 ハリー・ポッターが好きすぎて、大学で友達と一緒にハリー・ポッタークラブを作りました。 毎週クィディッチをやります。 そして、クィディッチの世界大会を目指しています! 本と映画は終わりましたが、クィディッチがあるからハリーはまだ生きています。 今日本で伝道していますが、伝道が終わったら日本でクィディッチを広めます! クラブではハリー・ポッターのことについて話し合ったり、映画館を貸し切ったり、いろんなパーティーをしたりします。 ハリー・ポッターの誕生日も祝います。 オーストラリアで一番難しいオーストラリア国立大学に、奇跡的に入学できました。 高校生のときは成績はあまりよくありませんでした。 しかし高校3年生のとき偶然にもパイロット・プログラムがはじめてできました。 これに入って、大学に入るために祈り、大学の先生に手紙を書いて送り、大学の先生と関係を作りました。 このパイロット・プログラムのおかげで入試の点数が加算され、合格できました。 大学では日本語と作曲を勉強しています。 すべてのラッキーな結果は祝福だと思います。 私にはラッキーなことがたくさんあります。 信仰を持っていない人にとってはそれは偶然だと思えますが、実は神様から来た祝福だと知っています。 また私は士官候補生でした。 飛行機の操縦やサバイバルの技術を学びました。 時間の使い方や勤勉さを学び、肉体的にも強くなれました。

わたしはなぜモルモンなのですか

この教会を信仰する家庭で育てられました。 私にとって自信があることが一番大事です。 福音の中で生活するといつもイエス・キリストの強さと力を得られます。 いい選びをすることで、力をもらえます。 その力があればもっと自由に何でも選ぶことができます。 また神様が私たちのために用意してくださった救いの計画を知ると、その知識から人生の全体像を捉えることができます。 それがあれば自分の人生の方向をコントロールできます。 そこから幸せを感じます。

わたしの信仰生活について

私の住んでいるところにはあまりモルモンがいません。 でも私はユニークになることと、有名人になること大好きです。 この世的じゃない価値観や道徳観を持つことが大好きでした。 周りの人とは違う道徳観を持つと、実はときどき悲しいこともありましたが、その道徳観のおかげで、悪い影響を受けなかったのは良い事でした。 周りの人よりも良い状態にあるというイメージを持っていました。 たくさんの幸せと自信をもらいました。 1年半、仙台と東京でボランティア宣教師として伝道していました。 つい最近、オーストラリアに帰って来ました。 今は毎週火・水・木曜日にボランティアで日本語を教えています。