mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
fujiko: 内田, 福岡, 埼玉, uchida, fukuoka, saitama, モルモン.

こんにちは,わたしはfujikoです。

わたしについて

わたしは普通の23歳です。好きなことがたくさんあります。映画を見ること、音楽を聴くこと、ディズニーランドに行くこと、読書、山登り、サイクリング、パソコン、映像編集、散歩、写真撮影、切り絵、旅行が好きです。5人兄弟7人家族の次女として埼玉で育ちました。家族はわたしにとって特別です。神様は数ある家族のうちでも最高の家族をわたしに与えてくれました。 東京の大学で社会学を学び、卒業してすぐ宣教師として福岡伝道部で働いています。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしはモルモンの家庭に生まれ育ちました。毎週教会に行き、祈り、聖典を学んできましたが、自分の選択というよりは両親についていっているだけという感じでした。中学生になったくらいから「この教会は真実なのか、今まで信じてきたことは本当なのか」という疑問を持ち始め、6年くらいずっと迷っていました。 そしてついにモルモン書の約束を試すことにしました。自分でモルモン書を読み、ここに書かれていることが本当に神様から来たものなのか祈ることにしたんです。答えはすぐにはきませんでした。1度読み通しました。2度読み通しました。そして3度目を読んでいるときに「ここに書いてあることが真実でないはずがない」という疑いようのない強い思いが沸きあがってきました。 その数日後、わたしは6年間1度も口にすることを避けていた言葉を言うよう強い促しを受けました。 「わたしはこの教会が真実であることを知っています」 そう言ったとき、ものすごく強い力を感じました。そしてその力は神様から来ていることが分かりました。凄く泣いて「ああ、わたしはこのことをずっと前から知っていたんだ」と感じました。この経験を通して、神様は求める人には真理を伝えてくださるということが分かりました。そして神様はわたしのことを知っているということを知りました。この知識は今もわたしを支えてくれています。

わたしの信仰生活について

毎日祈り、聖典を読み、毎週教会に行きます。 そして1番大切なのは日々の生活の中で「神様は自分が何をすることを望んでいるのか」よく考え、祈りながら行動することです。はじめに挙げた3つのことを行うなら、良いことを選び、行うのが簡単になります。