mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
金城 匠: 沖縄, Okinawa Japan, twelve nine, 金城匠, 音楽, 海, モルモン.

こんにちは,わたしは金城 匠です。

わたしについて

はいさい~!私は沖縄人です。沖縄大好きです!しかしブラジルも同じくらい好きです!現在20歳ですが、やがて21歳になります。まぁいつものんびり暮らしています。趣味は音楽、踊る、歌う、スポーツ全部!海で遊ぶ、友達と伝説を作ることです。私は沖縄で生まれ育ち、恵まれましてたくさんの最高の友達がいます。本当にこれは宝物ですね!彼らはいつも私を励ましてくれます。将来の夢はバンドのドラマーか農業とかやりたいです。 私は本当にどんなときでも状況でも笑えるような人になれることを目標にしています!人生で大切にしているのが「笑い、愛、音楽」です。そして、家族、友達です。小学校から今にかけてこの「笑い、愛、音楽」と家族や友達にたくさん助けを受けました。みんな本当に最高です。心から感謝しています。

わたしはなぜモルモンなのですか

私の家族はみんなモルモンです。わたしのおばあちゃんから続いています。3世代なのでよく三世と呼ばれますね。なので私は生まれたときからモルモンとして教会に集っていました。しかしだんだんと年を重ねるたびに教会から離れていました。昔から集っている教会でしたが、自分自身で本当に真実なのかはわからなかったからです。ある日私はもう離れようと決意をしていました。でもそんなときにおばあちゃんから手紙を受け取りました。私は年寄りを凄く尊敬していたので、おばあの手紙に従おうと思いました。しかしその手紙の内容はその時の自分にとっては意味がわかりませんでした。ただわかったのは「モルモン書が真実かどうか祈り、それを読んでみてね~。」ということでした。少しそれをするのはいやでしたが、私は何年もおばあも母も通っているし、何でそんなに大切なのか?そして本当に真実なのか知りたいと少し思いました。なにもやらずに「これはだめだ!とかこれは違う!」と決め付けても逃げているだけだと思い、それからモルモン書を読み祈りをはじめました。祈りを自ら進んでやったことがなかったので変な感じがしました。でも祈っている中でほんのわずかですが、なにか心の中が温かいような感じがしてきました。今まで本を読んでいる中で感じたことがない小さな温かさでまたなぜか心になにかを響かせました。感動したときに感じる心の温かさとは少し、ほんの少し温度が違うように思いました。それでも私はよい生活をすることがなかなかできませんでした。もう自分はだめだな~!と思いながら一人で家にいたときにあのおばあからもらった手紙がなぜか出てきました。また読みました。それから神様にこう祈りました。「私は神様から見たらだめな人かも知れません。でも本当にあなたがいるなら私を今ここにあるモルモン書やここにある聖典から助けてください。そして答えをください。」そしてモルモン書やほかの聖典を適当にあけてみると、私の祈ったすべてのことの答えが書いてありました。私は本当にこのときに神様の存在、愛を感じました。涙があふれてきました。神様は私たちがたとえよい状態ではないとしても、本当に心から私たちのことを愛しています。そして祈って助けを求めてほしいと願っています。神様は本当に生きています。この経験に感謝しています。誰でもこの経験ができると知っています。祈り、モルモン書を読むことをぜひやってみてください。本当に素晴らしいです。

わたしの信仰生活について

そうですね~。信仰って聞くと結構難しいイメージが昔ありましたね。でも信仰とはまだ見ていないことを待ち望むことだと教わりました。それを考えたときにこういうことが頭に浮かびました。運転中に信号が赤で「あ~~!青になってほしい~!」と思いながら運転することってないですか!?でもまだ赤だけど私たちは青になることを信じてそのまま進むことがあります。それは信仰にすごく近いことだなと思いました。信仰を持つことって以外に簡単で誰もが信仰を持つような経験をしているんだなとすごく思いました。私たちはイエスキリストを信じる信仰を持っています。私の信仰は大きいものではないかもしれません。でも、信号が青になるのを待ち望むように、神様に祈り行動するなら必ず答えや導きを受けるという望みと信仰をいつも持っています。また信じてからでなければ人は何も行うことはできません。食べること、寝ること、出かけることなど。なので私はまずなんでも信じます。そこで大切にしているのが、神様にこれは本当に正しいものなのかを祈り求めてから行うことです。本当に祈りを通してたくさんの助け、導きをいただきました。またイエスキリストを模範にしどんなときでも誰かのために祈ったり、困っている人を助けたりできるようになろうと目指しています。そして実際にそれを行うことでたくさんの喜びをみんなで味わっています。本当にイエスキリストの教えや同じ信仰を持っている最高の家族と友達がいるので感謝しています。米粒ほどでも小さな信仰を持ち、希望をもって祈り信じ続けるなら必ず道が開けます。またモルモン書の中からそのようなたくさんの経験を知ることができます。本当に楽しいです。 私は今は東京伝道部で宣教師として奉仕しています。本当にすばらしい機会です。