mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
カヲヒ: フラダンス, ビーチ, 家族, ハワイ, ハーフ, 伝道, モルモン.

こんにちは,わたしはカヲヒです。

わたしについて

お父さんが日本人,お母さんはハワイ人のハーフです。 ハワイで生まれて,ハワイで育ちました。 ハワイは,いつも花の香りがして,海の音が聴こえるところです。 幼稚園の先生でした。 難しかったですが,子供たちが幸せだとわたしも幸せになりました。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは教会員の家系に生まれ,いつも両親や兄弟と同じようにしていました。 しかし大学へ行くようになると,これまで頼っていた両親や兄弟とは一緒ではなくなりました。 迷っていました。 しかし,両親がわたしに教えてくれたことを,覚えていました。 わたしは聖典を開き,祈りの大切さについての聖句を読みました。 そのとき,わたしは祈る必要があると,わかりました。 シンプルな祈りを捧げ,神様に助けを求めました。 すると,あたたかい気持ちと慰めに包まれました。 神様がいらっしゃり,わたしを知っておられ,わたしの困難を知っておられることがわかりました。 その経験を通して,自分が何者であり,何を信じているかを知ることができました。

個人の体験談

日常の活動について考えてください。はじめから結果が分かっていない場合に,あなたは何に基づいて毎日行動しているでしょうか。信仰は行動をどのように駆り立てているでしょうか。

信仰はまだ見ていないものを信じることです。 たとえばわたしが土曜日に友達と一緒にランチに行く約束をしたとします。 彼女はわたしが現れることを信じます。 わたしが本当に来るかどうかはわかりませんが,料理や掃除をすることによって,彼女はその信じる気持ちを強めていきます。 わたしは自分の家族と一緒に永遠に住むことができると信じたいです。 ではどのようにしてそれを信じる気持ちを強めることができるのでしょうか? わたしは家族とよい関係を築くために最善を尽くすことができます。 赦し,愛を示し,尊敬することができます。 わたしには家族と一緒にいたいという望みがあるので,そのゴールに向かって努力をし,家族が自分にとって大切であるということを示すことができます。

わたしの信仰生活について

今は宣教師として伝道しているので,日本にいます。 ボランティアとして,わたしはどこへでも行きます。 教会の指導者は日本に行ってください,とわたしに言いました。 それで日本に来ました。 伝道中,フラダンスを無料で教えました。 教会では3歳から9歳の子供たちと,独身会員に教える機会に恵まれました。 これらすべての,教えるスキルを伸ばす機会にとても感謝しています。 これらは親元を離れて日本に来る準備になりました。 ほかの人々に喜びや祝福を分かち合うために,日本に来ました。 その喜びと祝福は,イエス・キリストの教えを学ぶ時に受けることができます。