mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
Tanner: Japan, Nagoya, Mission, 日本, 名古屋, 宣教師, モルモン.

こんにちは,わたしはTannerです。

わたしについて

こんにちは、わたしはTannerといいます!始めまして。 わたしは学ぶことが好きです。この人生のなかで学ぶ機会がいっぱい与えられて感謝しています!何について学びたいかというと何でも好きです!特に好きなことは音楽です。楽器を弾いたり音楽を聞いたりすることがすごく大好きです。 将来何になりたいかと聞かれたら、ただ家族を大事にして神様を中心にして楽しく生活して行きたいと思います。家族と言えば、わたしの家族は9人です。父、母、3人の姉、2人の兄、弟です。家族で楽しく育だてられて良かったと思います。兄弟たちと親はみんな親しい友達になってきました。 日本語はまだまだ難しいですけれども日本語を学んだのは末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師として神様の愛を日本人に伝わるためでした。2年の間日本で住んですばらしい方々と出会って恵まれていると思います。今、このように宣教師で奉仕できることは特別な機会だと思います。なぜかというと、神様の愛を毎日感じることができるからです。今、愛する日本人と一緒に住んでいて毎日話せることが大好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

簡単にいうとモルモンであることは本当の幸せだと思います。今まで最も喜びを感じたときはいつもこの福音を中心にしています。信じていることを分かち合ったり、家族と一緒に深い話をしたり、伝道の召しを受けたり、神殿に参入したり、祈ったりすることによって本当の喜びを少しずつ分かってきました。そんな平安、そんな愛は神様のことによってしか感じられません。 友達と話したら「どうしよう!」といつも迷っています。大学生の時代こそ決めるのはすごく大事でストレスがよく溜まります。「将来はどうなるかな?」とか「家族大丈夫かな?」とか「お金足りるかな」って良く心配する人がたくさんいます。わたしも同じように心配することもありますがこの福音のおかげで神様を信頼できて神様が備えられた道を歩んで行けたら絶対幸せになるという確信を持っています。毎日、毎日そんな安心、そんな喜びを感じられて神様に感謝しています。家族と一緒にゆっくり時間を過ごしたり、どこか奉仕をしたり、お祈りを通して神様と会話したりすることによってそんな気持ちを感じます。 10年間後、どこで働いているか、誰と結婚しているか、などまったく分かりませんが神様を信頼している限り、必ず喜びに満たされた道になると信じています。ですから、いつまでもモルモンであり続けます。

わたしの信仰生活について

わたしは毎週教会に行くようにしています。教会に行くことはただ「信仰に忠実に生きる方法」の一つです。わたしにはすごく必要なことです。 なんでかというと初めて日本に来たときは正直に寂しかったです。全然日本語できなくて友達もあまりいなかったのです。でも日曜日が来て「全然分からないのに、教会に行こう」と思いました。その教会に入るとすぐ温かい気持ちがして自宅に帰ったような気持ちがしました。その経験から確かに神様がわたしの小さな悩みを聞いてくださっているとわかりました。そのときから、毎週(緊急を除いて)必ず教会に行くと決意しました。日常の忙しさから休めて日曜日と教会が大好きになってきました。神様はそういう助けになることを与えてくださると信じています。もし、わたしたちが祈ったり、聖典を読んだり、教会に来たり、戒めを守ったりするなら必ず祝福が来ます。毎週、教会に行けることに感謝しています!今からも、人生が終わるまでに、教会に行き続けることを楽しみにしています!