mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはLing Wai-yee (Linda)です。

  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling
  • Linda Ling

わたしについて

人生は困難や辛いものであっても,わたしは女性として楽観的に人生を楽しんでいます。 母親の役割,職場での責任,教会での奉仕を果たすスーパー母さんとして,競争率の激しい世の中にあって個人の進歩も求められ,わたしはバランスを保つのに本当に疲れ切っていました。でも,心の中の何かが努力を続けるわたしの決意を支えてくれています。 わたしは音楽,ダンス,芸術,考えること,ハイキング,世界中を旅行することが大好きです。 また様々な人生を歩んでいる人々と会って,彼らの経験や夢や望みを知ることが好きです。それがわたしの霊性を強め,違ったものの見方ができるようにしてくれるからです。 愛,親切,慈愛が人々を勇気づけ,人々が変わるために心を開けば世界は良くなると信じています。 世の中が良くなるように,そしてしっかりとした自信と自尊心を持って健全な人生を送れるよう若者たちを励ます一翼を担えればと願っています。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしがモルモンである理由 過去何年にもわたって何度も自分に問いかけました。 末日聖徒イエス・キリスト教会を知ったのは,十代のときでした。 そのときわたしは宗教に興味があって,時間,お金,教育や仕事を犠牲にしてまで新しい言語を学び,福音を宣べ伝えるために,自国を遠く離れて見知らぬ土地にやって来た忠実な宣教師たちに大変感動しました。 宣教師の励ましにより,わたしは自分の証を求めて聖文を研究し,祈り,教会の集会に出席しました。 両親が教会活動に参加することを強く反対したので,わたしはバプテスマを受けるのに3年待ち,そして自分の証を得ました。 バプテスマのあと,静かな細い声が繰り返しわたしに戒めを守るようにささやくのを聞き,心の内に燃えるものを感じました。 突然,御霊がともにいてくださり,わたしを導いてくださるのが分かりました。 今日でも,この証は生き生きとしていて,あの燃えるような思いはまだ持ち続けています。 時が流れ,わたしはモルモンとして信仰や自分自身が何者であるかということについて,人生の様々な段階において,仕事で,社会的な場面で多くの試練を経験しました。 伝道を経験しましたが,長い人生に中で誘惑はとても強いので,常にこの世のわなに十分注意している必要があります。 順調な時は過ぎ試練がやって来て,一人で誘惑や困難に苦しんでいるとき,わたしは自分に問いかけます。どうして自分はモルモンであって,他の宗教を信じたり,制約の少ない安易な生活を送っているように見える普通の人ではないのだろうか,と。 けれども,静かな細い声はわたしを慰め,自分の選択が正しいことを確信させてくれます。 福音に平安と喜びがあるとき,戒めは間違ったものや邪悪なものからわたしを守ってくれるものであり,イエス・キリストの贖いのおかげで恐れることなく自分らしくいられるのが分かりました。 わたしはモルモンであることに誇りと幸せを感じています。なぜなら神が生きておられ,教会が真実であり,モルモン書が神のみ言葉であるからです。これらのことはわたしにとって大いに価値のあることです。

わたしの信仰生活について

信仰を持って生活し,最後まで耐え忍ぶことは,本当に大きなチャレンジです。その信念を貫くために,厳しい自己鍛錬,忍耐,信仰,知恵が必要とされるからです。 会員となって約40年になりますが,信仰生活を振り返ってみると,その経験には3つの側面があることが分かります。 第一に,主に近くあること。 生計を立てること,家族の世話をすること,社会的な義務を果たすこと,職場で求められることに応えることなど,この世の事柄にいつも追われていると,道を見失い,やがて教会から遠ざかってしまうのはありがちなことです。それはわたしたち皆がそれぞれに弱さを持った存在だからです。 霊的な福利を維持し,神と近い関係を保ち,聖霊にしっかりとつながるために,わたしは常に祈りと聖文研究,教会や神殿での礼拝を通して神と語り合うようにしています。 二番目に,教会や地域社会で仲間に奉仕すること。 奉仕をすると,利己的にならずにもっと他の人の必要に気付くようになります。 貧しい人や助けの必要な人を訪ね,証を分かち合い,福音を教え,子供,青少年や女性のためのプログラムを運営します。 最近,中国の低所得の母子家庭の母親と恵まれない家族のために,生活の質を改善するための自立支援プロジェクトを提供する慈善事業に参加しました。 これらの奉仕により,わたしの人生に対する視野は広がり信仰は強まって,地上の神の子供たちに対する神の愛をより良く理解できるようになりました。 最後に,深く考えること。 深く考えることで信仰が築かれます。 深く考える力があると,さらに善くなるために必要な自分の長所と弱さが分かり, より良いクリスチャンになることができます。 神のようになりたいというさらに強い望みを得て,それが過去にも未来にも信仰を持って生きるという力強い動機となっています。 わたしは完全な者ではないということは事実ですが,信仰があるので,努力を続けていけば,成長してさらに良くできると信じる望みを持つことができます。