mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはKenです。

  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber
  • Kenneth Barber

わたしについて

わたしの仕事で,アイルランド中を訪問できるのがいちばん気に入っている点です。アイルランドは美しい国で,一日のうちにすべての四季を楽しむことができます。山歩きが大好きなわたしは,登山指導者コースを受講したときに,妻と出会いました。わたしたち夫婦と,3人の子供,そして2人の孫がいます。わたしは,父親であること,祖父であることが大好きです。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしは常に,真理と,人生の目的や意味を探し求めてきました。何年もの間探し求め,聖書を読み,ほかの教会や宗教について調べた後に,聖書で読んだようなイエス・キリストの教えを体現する教会はないという結論に至りました。そこで,どの教会にも入らずに,聖書の教えから自分が正しいと知っている事柄に従って子供たちを育てることにしました。また,酒やタバコは自分にとっても,子供たちの模範となるうえでも好ましくないと感じたのでやめようと決心しました。1989年1月1日のことです。それ以来,一度もお酒やタバコを飲んだことはありません。 1989年の1月6日,末日聖徒イエス・キリスト教会の二人の宣教師が,我が家のドアをノックしてくれました。わたしはそれまでも定期的にほかの教会の人々の訪問を受けていたので,妻が二人を招き入れました。この教会については,それまで一度も聞いたことがありませんでした。1時間ほど話した後,宣教師はモルモン書を渡し,それを読んで真実かどうかを知るために祈ってほしいと言いました。そして,今度はいつ訪問できるかと尋ねられましたが,約束はできないと断りました。もし必要なら,わたしの方から連絡すると伝えました。二人が帰るとすぐに,わたしはモルモン書を読み始めました。読んでいるうちに,わたしは全身が満たされるのを感じました。モルモン書が神の御言葉であること,そして自分がずっと探してきた,ジグゾーパズルの失われたピースであると分かりました。地上にあるイエス・キリストの真実の教会を見つけたのです。それでも,宣教師から言われたようにしたいと思ったわたしは,ひざまずいて祈り,モルモン書が真実かどうかを御子の御名によって神に尋ねました。すると,それは神の御言葉であるという力強い証を受けました。宣教師がまた訪問してくれますようにと祈ると,翌日二人が来てくれました。1989年1月26日にわたしはバプテスマを受けました。それはわたしが人生で下した最善の決断でした。

わたしの信仰生活について

イエス・キリストを信じる信仰は,わたしにとってほんとうに大切です。教会や地域の奉仕活動に参加していますが,それを通して,イエスの教えが真実であると分かるようになりました。困っている人を助けるとき,大きな幸福や喜びを見いだします。また,他の人を助けることによって,人生で最も大切な事柄に目を向けることができると分かります。 この教訓については,叔母たちの模範からも学びました。叔母たちは,両親が亡くなったとき,わたしたち家族の面倒を見てくれたのです。当時,我が家には2歳から16歳まで6人の子供がいましたが,叔母たちが自分の生活を投げ打ってわたしたちの世話をしてくれたおかげで,家族がばらばらにならずに済みました。当時40歳代で独身だった叔母たちにとって,容易なことではありませんでした。叔母たちが亡くなる前,兄とわたしは叔母たちが払ってくれた犠牲に対して感謝を伝える機会がありましたが,叔母たちは,犠牲にしたものは何もなく,すべてを手に入れたと言ってくれました。叔母たちは,わたしにとってキリストのような愛,人のために犠牲を払うことの真の模範でした。