mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはJulieです。

  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk
  • Julie McGurk

わたしについて

わたしは51歳ですが,19歳の時からラジオの業界で働いてきました。 18歳の時に職業訓練校に行き,そうなりました。 職業訓練校は9ヶ月でしたが,30年以上続けることになる仕事を与えてくれました。 わたしは結婚して,2人の子供がいます。 もっと子供が欲しいとも思いましたが,主人と結婚したのが少し遅かったので,それ以上産むには年を取り過ぎていると感じました。 でも,子供が大好きです。 子供たちを観察し,話しかけ,彼らが問題にどのように対処するのかを見るのが大好きです。 子供たちを注意深く観察することで,たくさんのことを学べると思います。

わたしはなぜモルモンなのですか

わたしがモルモンであるのは,それが素晴らしいの生き方だからです。 まぁ,それでは少し簡単すぎますね。でも考えてみてください: 幼いころ,わたしは宗教的なことを一切教えられたことはありませんでした。 両親はわたしたち子供を愛してくれましたが,信心深い生活の必要性については,まったく気にかけませんでした。 結果として,二人ともとても悪い習慣に陥ってしまい,どの家庭もこんなにめちゃくちゃなのだろうかと思うほどでした。 友達が毎週水曜日に教理問答というものに行っていたのを不思議に思っていると,母はそれが友達の宗教なのだと教えてくれました。 それで,わたしの宗教は何か尋ねました。 母は,「あなたはモルモンよ」と答えてくれました。 それが何なのか,わたしにはまったく分かりませんでした。 集会に一度も参加したことがないどころか,教会でバプテスマを受けたことすらなかったのです。 それからいろいろ質問するうちに,母はわたしを宣教師に紹介して,わたしが信じていることを教えてもらおうということになりました。 その二人の若い男性が部屋に入った瞬間から,わたしは違った生き方があることを知りました。 彼らのメッセージは,嵐の海のただ中に投げ込まれた一本の命綱のようでした。 天の御父がわたしを愛しておられ,わたしや家族のための計画をお持ちであることを学びました。 それは,宣教師が持ってきたメッセージを聞くまで,一度も考えたこともないような事柄でした。 この話が面白いのは,わたしの両親も,同様に救いの命綱を見い出したということです。 家族全体が変わりました。 より平安で,目的のあるものになりました。 めちゃくちゃな生活は過去のものになりました。 この宗教は,ただ日曜日に行うだけのことではなく,生き方そのものです。 これまでに見てきたどんなものよりも,月曜の朝から土曜の夜まで,生活に影響を与えるものです。

わたしの信仰生活について

大人になってからずっと,青少年の教師をしていますが, 本当に大好きです。 わたしは子供が大好きです。天の御父の計画に関する良きおとずれを彼らと分かち合うことができるのは,これまで経験した中で最も心満たされるものです。