mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

こんにちは,わたしはEmilyです。

  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian
  • Aaron and Emily Sherinian

わたしについて

ほとんどの女性がそうであるように,わたしは幾つかの役割を担っています。現在の大切な務めは妻,母,そしてフルタイムの公衆衛生専門職です。仕事がないときは普通,3人の幼い子供たちと一緒に(スポーツ,学校,遊びのグループ,幼稚園,音楽教室などに)いるか,家を掃除しているか,教会でボランティアをしているか,夫と何かをしています。わたしの好きなことは読書,料理,走ること,友達と一緒に過ごすことです。 夫婦で国際開発の仕事に携わり,飛行機で旅をすることが多くなってから,ぼんやりする時間がなくなりました。これまでの10年はほとんど外国で暮らしてきました。それは多くの国や文化を理解し,愛するという豊かで,刺激的で,特別な経験となっています。世界中の恵まれない人々の生活を改善することがわたしたち夫婦の個人的な,また職業としての使命です。世界中の人々が多くの点でわたしたちと変わらないこと,基本的にわたしたちと同じ必要と欲求を持っていることを我が家の子供たちに理解させるよう努めています。 (時には圧倒されることもありますが),生活に「必須の」活動の合間に,家族が一緒にできる活動を行っています。土曜の午前中にパンケーキを作り,お気に入りの博物館を訪れ,地下鉄に乗り,庭でピクニックを楽しみ,海辺で一日を過ごし,アイスクリームを食べることなどです。

わたしはなぜモルモンなのですか

モルモンとして育てられたから自分はモルモンになったと言う人がいるかもしれません。けれどもそれは一面的な物の見方でしかありません。すべての人はその人生の中で,自分が何を信じ,どのような生活を送り,自分の家族をどう築くかについて決断しなければならない時を迎えると思います。わたしの場合,それは一瞬で決めることではありませんでした。高校,大学,そして成人の初期に起きた段階的なプロセスでした。 わたしの両親は子供たちに天の御父とその教えについて自分の知識と理解を築き上げるように勧め,その方法を教えてくれました。両親と教会の教師たちは次のようなツールを教えてくれました。祈り(あなたのしていることが正しく真実であるかどうかを神に尋ねる),聖文の学習(自分が何を求めているかを知る),そして,教わった福音の原則の実行(あなたが自分の務めを進んで果たしていることを天の御父に示す)でした。正しいことをしているならば,天の御父はそれを知らせてくださいます。 実行の伴うモルモンとなるには,真剣に決意する必要があります。それは時間と努力を必要とします。子供のころに両親から「言われたこと」に従って,惰性で人生を歩むのではありません。わたしは福音の原則が真実であると信じているので,モルモンです。これらの指針となる原則は努力を必要としますが,つかの間でない,長く続く喜びと幸福をもたらしてくれます。

個人の体験談

家庭内の調和を高めるためにどのようなことが役立っていますか。

両親にとっても3人の子供たちにとっても忙しい日々を送る中で,わたしたちは家庭に一致を築くためにあらゆる支援を利用しています。最も優れた方法を提案するとすれば,それは,毎週月曜日の夜を家族で過ごす夜として確保することです。それがわたしたちの生活に大きな違いをもたらしています。モルモンはこの日の夜を「家庭の夕べ」と呼んでいます。わたしたちは毎週家庭の夕べを開くよう勧められています。 家庭の夕べで,わたしたちは普通数分をかけて,実務的な問題,家族の課題,日程,あるいはその週の行事を検討します。次に,広い範囲から選んだ短いレッスンか活動を行います。ときどき聖典からのお気に入りの物語(ライオンの檻に入れられたダニエルがいつも一番の人気です。音響効果や劇的な解釈が盛り込まれています)を話し,その後,話の中から学ぶことのできる事柄について話し合います。ほかに,クッキーを焼いて近所に配ったり,ゲームをしたり,アイスクリーム・サンデーを作ったりすることもあります。また,問題を解決する方法や口論を減らす方法,喜んでおもちゃを貸してあげる(これは子供も大人も対象となります)ための方法について話し合います。普通は何曲か歌を歌い,楽しい活動を行い,おやつを食べて終わります。 すばらしい結果が生まれています。毎週家庭の夕べを開くことにより,家族としてお互いを身近に感じ,気持ちが通じ合い,口げんかが減って,愛を表現することが多くなり,家庭に一致と調和が増していることを感じます。子供たちは毎週の家庭の夕べを楽しみにしており,活動の計画と実施は子供たちをまじえて行います。家庭の夕べにより,わたしたちの家庭はいっそう幸せな場所となっています。

わたしの信仰生活について

わたしは自分の信仰に積極的に従って生活しようと努めています。経験上,教会と地域社会への参加と奉仕に積極的に,そして熱心に取り組めば取り組むほど,決意が強まり,幸福を感じ,自分が進歩していることを実感します。奉仕すること,自分の信じていることに基づいて行動することを通して,わたしはより良い人になり,より良いクリスチャンになり,イエス・キリストが望んでおられるような人物になりつつあると感じています。 わたしは今,教会で女性のグループに深く関わっています。ほかの3人の女性とともにこのグループ(100人以上います)の指導者として自分の時間をささげています。彼女たちと一緒に働くことを喜びとしています。毎週日曜日に教会でレッスンと話し合いの集会を持ち,また,教会の女性と家族が物質,情緒,霊的面で問題なく生活していることを確かめます。教会には女性が二人ひと組になって毎月何人かの女性を訪問し,簡単な霊的メッセージを分かち合い,互いに報告し合うというすばらしいプログラムがあります。この地域では多くの人が家族から離れて住んでいるため,このプログラムは必要なネットワークを構築し,わたしにとって大きな力となっています。ほかでは決して知り合うことのできないこれらの女性たちとの交わりを通してわたしは祝福を得ていますし,家族の生活も豊かなものになっています。 わたしたちの女性グループでは様々な活動と催しを計画・実施して,お互いをよく知り合い,家族や地域社会で必要としている事柄を特定してそれに対応し,新しい才能や技術を習得しています。最近の例を紹介しますと,正規の栄養士による栄養と運動のセミナーを実施しました。社会奉仕活動を計画して,ベビー毛布と初めて母親となる人のためのキットを作って,地元の出産施設に寄贈しました。また,日曜日には生活の中の祈りの力についてレッスンを行っています。 祈りは信仰に従って生活するうえで最も大切な手段の一つです。素朴な原則ですが,だれもがいつでも実行できます。神はわたしたちの祈りを聞いて,答えてくださることをわたしは信じています。信仰に生きる決意を深めれば深めるほど,日常生活の中で祈りが答えられることに気づきます。神は普通,信仰に生きるために懸命に努力しているほかの人々を通じてわたしの祈りに答えてくださいます。それは決して偶然ではないと思います。