mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

なぜ福音の回復が必要だったのですか。聖書はずっと存在してきたのではないですか。

公式回答

キリストの使徒たちが亡くなった後,世の大部分は真理から離れ去りました。これは背教と呼ばれています(アモス8:11-12;使徒20:29-30;2テモテ4:3参照)。

イエス・キリストは地上におられたときに御自身の教会を設立されました。主が天に昇られた後,主の使徒たちは啓示と神権の権能により,主の指示のもとで御業を続けました。

使徒たちと義にかなった多くの教会員が殺され,そのほかの会員が真理から離れてしまった後,主は神権の権能と教会を地上から取り上げられました。教会は神の神権の権能なしに,もはやキリストが設立されたときのように機能しなくなりました。儀式は変えられ,多くの分かりやすくて簡潔な真理が失われました。多くの善良な人々と一部の真理は残りましたが,原始教会は失われました。

使徒たちは真理からの離脱,すなわち背教について預言しました。一例はテサロニケ人へ宛てたパウロの手紙です(2テサロニケ2:1-3参照)。

使徒ペテロはキリストの再臨の前に「万物更新」が行われることについて預言しました(使徒3:19-21)。大背教によって失われたキリストの教会と権能が地上に回復されなくてはなりませんでした。この回復は,あらゆる人がイエス・キリストの福音のすべての祝福を再び受ける機会にあずかることができるようにするものでした。

ジョセフ・スミスの最初の示現は,地上にイエス・キリストの福音が回復される幕開けとなりました。それからの数年間にキリストは神権を回復し,御自身の教会を再び組織されました。キリストはその後も預言者に真理を明らかにして,一時地上から取り去られた祝福を回復してこられました。