mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

末日聖徒イエス・キリスト教会は同性愛と同性結婚についてどのような考えを持っていますか。

公式回答

聖書の中で,パウロは同性愛が罪深い行為であることをローマ人に説きました(ローマ1:24-32参照)。旧約時代にモーセは,同性愛の関係は神の律法に背くことをモーセの律法に定めました(レビ20:13参照)。

末日聖徒イエス・キリスト教会の前大管長ゴードン・B・ヒンクレーは同性愛について次の声明を発表しました。「男女の結婚は神が定めたものであるとわたしたちは信じています。主の宮において永遠の神権の権能を行使することにより,結婚が永遠のものになり得るとをわたしたちは信じています(現代の十二使徒が主から受けた霊感により書いた『家族―世界への宣言』より)。

人々は,自分のことをいわゆるゲイやレスビアン,すなわち同性愛者だと考えている人たちについて,わたしたちの教会がどのような見解を持っているか,尋ねます。それに対するわたしの答えはこうです。わたしたちはそうした人たちを神の息子娘として愛しているということです。そういう人たちは,強力で,恐らくは抑制し難い性癖のようなものを持っているのかもしれません。大部分の人々は,折に触れて,何らかの性癖を持っていることに気づきます。そうした性癖に従って行動を起こさないかぎり,その人は,ほかのあらゆる教会員と同様に,前進を続けることができます。しかし,貞潔の律法や道徳の標準を犯すようなことがあれば,ほかの違背行為と同様に,教会にあって宗紀の対象となります。

わたしたちはそのような問題を抱えている人々を助け,強め,援助の手を差し伸べたいと考えています。しかし,そのような人たちが,不道徳な行為にふけるようになったり,あるいは,いわゆる同性結婚を唱導し,擁護し,また実際にその趣旨に従って生活するようになったりすれば,わたしたちとしてはそれを見過ごしにしておくわけにはいきません。そのようなことを許容するということは,神が定められた重大で神聖な結婚の基盤やその真の目的,すなわち家族を養い育てるという目的を軽視することにもなりかねないからです。」(『リアホナ』1999年1月号,77参照)

  • すべての息子, 娘は賢明な憐れみ深い神はわたしたちです。彼は同性愛者と規準をも平等に愛しておられます。彼は料理がありません。しかし, これを主がわたしたちが生活の中で下す決断には満足はいつも意味しません。 神の戒めに従うには与えておられますように幸せになるすべての子供たちに望んでおられ、, はわたしたちがこれらの戒めに従って生活する場合は, 喜びを見出すはこう述べています。彼は幾つかの戒めに従うには, 困難になりますが, わたしたちが堪え忍ぶとき, 戒めはなぜ必要があるし、どのように, わたしたちの生活に祝福をもたらすを理解するを受けられるは, 最終的に, 知っています。 神 s 道徳的な律法は男性と女性との間, 親密な, 肉体的な関係に続く結婚に集中します。彼はその親密な, 肉体的な関係に特別なことを望んでおられる, そのため私たちの管轄区域を定められました。 同じ性別の関係を含む, 結婚関係親密な, 肉体的な真の幸福に導くことでしょう。神完全に性的な欲望を強力な性質を理解しているが, この望みを活用し、, 主が定められた範囲内にあるを守ってこれを望んでおられます。 わたしたちはこの世の生涯における適切なパートナーを満たすために祝福されていませんか私たちの魅力は同性の人とか, 神は独身のままにましです。彼はもっと容易にわたしたち以下の状況で祝福し、私たちは満足して, 性的な関係のない生活を達成してもらうことができます。 最終的にそれを選ぶには, その個人のためなのですが, 真の幸福に従うことによってのみ達成できます。 表示件数を増やす

検索結果なし