mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

モルモン書と聖書はどう違うのですか。ジョセフ・スミスはどのようにして「金版」またはモルモン書を手に入れたのですか。

公式回答

モルモン書はイエス・キリストが確かに生きておられたこと,過去も現在も神の御子であられることについてのもう一つの証です。モルモン書には古代の預言者の書き物が収められています。その一人に,紀元前600年ごろエルサレムに住んでいたリーハイがいます。神はリーハイに,少数の人々を率いてアメリカ大陸へ向かうようお命じになりました。彼らはその地で偉大な文明社会を築きました。

神はこれらの民の間に引き続き預言者を召されました。モルモン書は彼らの預言者,記録者の書き物を集めたものです。

1823年9月,ジョセフ・スミスは記録をつづった最後の古代の預言者である天使モロナイの訪れを受けました。それは新約の時代に天使がしばしば教会の指導者を訪れたのと同じです(特に使徒行伝を参照)。天使モロナイは神がジョセフのなすべき業を用意しておられることを伝えました。モロナイは古代アメリカ大陸住民の記録が近くの丘に埋められていること,その記録にイエス・キリストの完全な福音が収められていることを告げました。

1827年9月,ジョセフは薄い金版に記された記録を受け取りました。古代アメリカのその時代の人々が金属版に記録をつづることは珍しくないことでした。ジョセフは神から霊感を受けて書物を英語に翻訳しました。この書物は『モルモン書―イエス・キリストについてのもう一つの証』と呼ばれています。民の神聖な記録を要約した古代の預言者モルモンにちなんで名づけられたものです。

モルモン書は1830年に出版されました。それ以来,モルモン書はイエス・キリストと主の福音についての力強いメッセージによって多くの人々の生活に祝福をもたらしてきました。

キリストについてのもう一つの証であるこの書物は,イエス・キリストの実在と神性を証しています。預言者たちは,子らに対する天の御父の計画とイエス・キリストの使命について知っていました。彼らは,キリストが復活後にアメリカの人々に現れて,福音を教え,人々の間に教会を設立されたことを記録しました。この書物にはイエス・キリストの教えが収められており,主の贖罪と愛について証しています。モルモン書は聖書を支え,確認しています。聖書にはアメリカのこれらの人々についての預言が記されています。(エゼキエル37:15-17,イサヤ29:18参照)。

モルモン書の最後には,この書物を読み,この書物について心から祈る人は,モルモン書が真実であることを聖霊によって知ることができるという偉大な約束が書かれています(モロナイ10:4参照)。