クリスマスの物語

2000年前,古代ユダヤの地で奇跡が起こりました。 これはある夫婦の物語です。 そして母親と子どもの物語へと展開します。 しかし,最初はいつも父と子の物語から始まります。

ダビデの町

ルカ 2:1-5

ベツレヘムは小さな町でしたが,ヨセフと新妻のマリアはその村に入った時にはそう感じなかったことでしょう。 この夜,ベツレヘムは皇帝アウグストから出された人口調査の勅令に従って全国各地から訪れている旅人たちで溢れ返っていました。 命令によって,人々は自分の先祖の地に戻り,登録をしなければなりませんでした。

ヨセフとマリアが夜の寒さの中,その村に辿りついたことに気づいた人は,ほとんどいなかったことでしょう。 人々の群れに加わった,ただの二人にすぎませんでしたから。 それでも,よく見ればマリアが身ごもっており,もうじき3人の家族になるということに気づくことはできたはずです。

これまでに,二人は家があるナザレの町から70マイル(約110キロ)も旅をしてきました。 長い旅路において,色々と深く考える時間があったことでしょう。 マリアが身ごもっている子供が,特別であると理解していた二人にとって,考えるべきことは山ほどあったことでしょう。

しかしそれよりも今は,今晩の宿の心配のほうが重要です。

宿屋

ルカ 2:6-7

今夜,神の無限の愛が実際に腕に抱けるような形となります。

ヨセフが宿屋の玄関に入ったとき,宿屋の主人はひっきりなしに訪れる客人の対応に追われ,てんてこ舞いでした。 そこに現れた男が,不可能な要求をし,容易にあきらめないのです。 部屋はすべて定員オーバーで埋まっていると,主人はこの男を追い返そうとしましたが,ヨセフの目の中に何かを感じて彼をひき止めました。 何故かわかりませんでしたが,彼と身ごもった妻を宿屋の馬小屋として使っていた岩穴へと案内しました。

マリアとヨセフにとって,この夜は混乱のうちにあったはずです。 実は,この瞬間は地球が創造される前から定められていたのです。 マリアとヨセフは不安を感じながらも,一つ一つの出来事によって予言が成就されていきました。 この夜,神の無限の愛が現実として形となり,腕の中で抱くことができるようになったのです。

牧地

ルカ 2:8-12

マリアとヨセフが出産の準備をしているときに,天から御使いが現れ,ベツレヘムへと向かいました。 御使いは混雑した村を通り過ぎ,代わりに町の郊外にある暗くわびしい丘に行き,愛と希望の素朴なメッセージを伝えました。 慎み深い羊飼いたちに,御使いはわたしたちの羊飼いとなられるお方について述べました。「きょうダビデの町に,あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。 あなたがたは,幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが,あなたがたに与えられるしるしである。」

飼葉おけ

ルカ2:16-19

このひとり子とはイエス,神の御子,世の救い主です。

一人目の羊飼いがためらいがちに馬小屋に入ると,マリアは生まれたばかりの赤ん坊を抱いていました。 ヨセフは二人を愛のまなざしで見つめました。 この赤ん坊はヨセフや他のどんな父親の息子でもありませんでした。 この子供は,人類すべてに与えられました。

その夜のマリアの思いは,誰にもわからないことでしょう。 マリアは自分の思いを心に留め,言葉は必要ありませんでした。 この幼な子がイエス,神の御子,そして世の救い主だったのです。 しかし,今は幼い赤子で,夜風は冷たいのです。 マリアは母親としてその赤子を抱きかかえるのでした。

東の地

マタイ2:1-2,11

その同じ夜,ベツレヘムから遠く離れた地で,博士たちが夜空に新しい星を見つけました。 何らかのかたちで,彼らはこの世のすべてが変わったのだと悟りました。 王に捧げるにふさわしい贈り物を用意して,すぐにエルサレムへと向かいました。

最初の贈り物

神はそのひとり子を賜わったほどに,この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで,永遠の命を得るためである。

ヨハネ3:16

博士たちがイエスに捧げたものは,最初のクリスマスの贈り物だと言われています。 しかし実は,クリスマスの最初の贈り物は彼らが旅を始める前にすでに与えられていたのです。

天の御父が2000年以上も前に与えられた贈り物が今でも大切だということがあるでしょうか。 心からそう言えます! イエス・キリストがなされたすべてのことは神のすべての子供たちの輝かしい未来のためでした。 この最初の贈り物のおかげで,救いがもたらされ,死が終わりでなくなったのです。 悲しみは一時的なものであり,愛は永遠に続くのです。 罪のけがれは完全な赦しに変えられるのです。 主の教えを受け入れ,その完全な人生からの模範に従うときに,わたしたちはより主のようになり,真の平安と喜びを得ることができるようになります。 このクリスマスの季節,キリスト御自身が贈り物だと心にとめておきましょう。

この贈り物を受け入れる方法を学ぶ

イエス・キリストの教えと模範に従うことによって,どのように平安と喜びを感じられるのか見てください。

さらに学ぶ

なぜこの贈り物が与えられたのかを知る

神から人類へ与えられた最高の贈り物,すなわち神の独り子である,救い主イエス・キリストについて学んでください。

さらに学ぶ

質問がありますか。
チャットする

クリスマスの物語や,モルモンに関する質問は,モルモンの宣教師がお答えします。