ナビゲーションを飛ばす
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
わたしたちとチャットする

選ぶ自由

選択の自由は神の計画の一部です

レストランに入って,サラダを注文しようとしている場面を想像してください。ウェイターに注文したところ,サラダはないので,代わりにスープを飲まなければならないと言われました。あなたはどう感じるでしょうか。スープかサラダを選ぶことは特に大きな問題ではありませんが,その反応は人の持つ性質を表わします。自分で決められることを強制されたくありません。無理強いされると抵抗します。もっと重大な,善悪にかかわる決定を目の前にしたときは,自分で選択することが重要です。神はわたしたちに選択の自由を与え,その自由を常に尊重しておられます。自分の選択に対して「責任を負い」( 教義と聖約101:78 ),善悪いずれの選択にも必ず結果が伴うので,神は強制力を用いるようなことを決してされません。実際,神は自由の精神を奨励しておられ,人の霊は神に仕え,神を信じる自由が必要であることを御存じです。神はアダムとエバに禁じられた実を食べてはならないと言われましたが,同時に「それでも,あなたは自分で選ぶことができる」と言われました。( モーセ3:17

自分の自由を求めるあまり,ほかの人々の自由を踏みにじることがないようにすることが大切です。自分が考えている方法はだれかほかの人の「ためになる」と思っていても,すべての人には自分の意見と信念を持つ権利があることを理解しておかなければなりません。