mormon.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

神の
幸福の計画

「わたしはどこから来たのでしょうか。それはなぜでしょうか」

人生は誕生で始まるのではなく,死で終わるのでもありません。地球に来る前に,あなたの霊はあなたを創造された天の御父とともに生活していました。あなたは天の御父を知っており,また天の御父はあなたを知っており,あなたを愛しておられました。それは幸せな時であり,そこで神の幸福の計画と真実の喜びを得る方法を教わりました。しかし,成長するとほとんどの人が家と親元を離れるように,神はあなたにも同様のことが必要であることを御存じでした。しばらくの間親元を離れないと成長できないことを御存じでした。そこで神は,肉体の苦痛だけでなく喜びをも味わうようにあなたを地上に送られました。

時々この人生を非常に困難にすることの一つは,物理的に神のもとから離れていることです。それだけでなく,わたしたちは前世の生活を覚えていません。すなわち,目で見ることなく,信仰によって行動しなければなりません。神は,現世の生活は容易であると言われませんでしたが,わたしたちが必要とするときに神の御霊がそこにいると約束されました。時にはそのように感じるとしても,わたしたちは人生の旅で独りではありません。

あなたのための神の計画

それは,あなたが完全であることを神が期待しておられるということではありません。神はあなたがそうなれないことを御存じです。しかし,あなたがこの地上にいる間,神のようになるために最善を尽くすこと,また数々の間違いから学んで成長することを,神は期待しておられます。痛みを伴う不適切な選択をする度に,その決断は直ちにあるいは後に不幸をもたらします。同様に,正しい選択は幸福につながり,あなたが天の御父のようになる助けとなります。

肉体を受ける

神はあなたが生活し,経験を得る場所として地球を創造されたのと同じように,あなたを造られました。また,栄光を持つ御自身の体にかたどって骨肉の体をお与えになりました。旧約聖書の中で,神は 「われわれのかたちに,われわれにかたどって人を造り…」 と言われました( 創世1:26 )。ヤコブは 「顔と顔を合わせて」 神を見たと言いました( 創世32:30 )。モーセも 「人がその友と語るように,顔を合わせて」 神と語りました( 出エジプト33:11 )。新約聖書では,キリストは復活後に使徒たちに姿を現わして,こう言われました。 「さわって見なさい。霊には肉や骨はないが,あなたがたが見るとおり,わたしにはあるのだ」 ( ルカ24:39 )。

アダムとエバはわたしたちに選択という贈り物をしました

地上における神の最初の子供として,アダムとエバはパラダイスの園に住んでいました。彼らはどのような悲しみも苦痛も感じませんでした。それは好ましく思えるかもしれません。しかし,悲しみや苦痛がなければ,喜びも感じることができません。彼らは前世の生活を覚えていませんでした。禁断の実を食べなければ,永遠にそのような生活を続けて,子供を持つことは決してありませんでした。人類は誕生せず,世界を人々で満たすことは決してありませんでした。

周知のように,アダムとエバはサタンの誘惑に屈して,実を食べました。善悪を知る木から実をとって食べてはならないと神から命じられていたことに背きました。その結果,二人は物理的にも霊的にも神の前から追い出されました。いわゆる堕落です。彼らはわたしたちと同じように死すべき人となり,罪や病気,あらゆる種類の苦痛にさらされ,最終的に死を受けることになりました。しかし,悪いことだけではありませんでした。二人は今や大きな喜びを感じることができたからです。 「アダムが堕落したのは人が存在するためであり,人が存在するのは喜びを得るためである。」2ニーファイ2:25 )アダムとエバはイエス・キリストの福音に忠実であったので,神の霊感と啓示,天使の訪れさえも受けることができました。

彼らは園を出ると,天の御父のようになるために成長し学ぶことができました。さらに,子供を持つことができました。つまり,神のほかの霊の子供たち(わたしたち全員)が地球に来て,肉体を持って経験し,日々の選択によって試しを受けられるようになったのです。アダムとエバがそうであったように,善であろうと悪であろうと,わたしたちのすべての選択には結果が伴います。神がわたしたちに望んでおられることを選んで行うと,永続する幸福と進歩が得られます。鍵の言葉は「選び」です。通常,神は介入されません。サタンが誘惑して行わせようとする不適切な選択をわたしたちに避けさせるようなことはなさらないのです。わたしたちが神に心を開くとき,神は愛を注ぎ,聖なる導きと警告を与えてくださいます。

幸福の秘訣

新しい車や仕事上の昇進,美しく変わること,名声を求めることを幸福の条件とするという罠に陥ることがしばしばあります。これらは一時的なものであって,長続きしません。富,権力,美,名声はわたしたちが望んでいるほど続かないのです。真の幸福はキリストの模範に従い,善良さや愛,正義,思いやりなど神のような特質を伸ばすことによってもたらされます。人々に奉仕し,人々がイエス・キリストの模範と教えに従うよう助けるときに幸福はやって来ます。人間の持つ肉欲を克服し,御霊の促しに従うことによって得られます。熱心に働き,健康的な生活を送り,友達と家族を得,個人として何かを成し遂げることによって得るのです。この世で何を持っているか持っていないかにかかわらず,心の奥底で感じることができ,永続する幸福は,神の計画を知り,その計画に従うことによって得られます。

よくないことが起きた時

わたしたちは病気にかかり,愛する人が亡くなり,仕事や家を失うことがあります。伴侶が誠実でないこともあります。なぜ多くの苦しみを許しておかれるのだろうかと神に尋ねたくなります。どのような原因によるかにかかわらず,神はあなたが苦しみ,問題を抱えるのを喜ばれないことを知ることによって,あなたは神に近づくことができます。そして,もし忠実に堪え忍ぶなら強くなることができます( 2ニーファイ2:2 , 黙示3:19 )。

神の御子イエス・キリストがあらゆる苦しみを受けられたことを知ると,それは慰めとなります。主はあなたの痛みを御存じであり,試練にあっているあなたを助けることがおできになります。神と神の計画に対して信仰を持つと,地上で起きるあらゆることには目的があることを確認することができます。この世の生涯は永遠の生活に比べると短いのです。主は大きな苦難を受けていたジョセフ・スミスにこう語られました。

わたしたちは災いに堪えることによって強められ,憐れみ深くなります。学び,成長し,人々に仕えたいと思う気持ちが強められます。逆境に立ち向かうときに,地上の生活の試しと訓練を受けます。わたしたちがこの世で堪えるよう求められる不公平について,愛に満ちた天の御父はそれを埋め合わせる力を持っておられます。忠実に堪え忍ぶなら,神は次の世でわたしたちの想像を超える報いを与えてくださいます( 1コリント2:9 )。驚くべきことに,あなたは神の助けによって試練の時にも喜びを味わい,心安らかに人生の問題に立ち向かうことができるのです。

イエス・キリストがあなたのためにしてくださったこと

イエス・キリストはわたしたちのために苦しみを受けられた02:21

過ちには,友達の感情を害するという単純なこともあれば,それよりはるかに重大な罪もあります。与えた苦痛,悔いや恥,罪悪のもたらすみじめな思いに圧倒され,大きく動揺することがあります。過ちを克服し,赦されて心の平安が取り戻せるのだろうかと考えます。イエス・キリストの贖罪により,また悔い改めの過程を実行することにより,それは間違いなく可能です。神に罪を告白し,神の赦しを願い求めることができます。神は 「もうそれを思い起こさない」 と約束しておられます( 教義と聖約58:42 )。なぜならば,天の御父から遣わされた御子イエス・キリストは進んで苦しみを受け,御自身の贖罪によりわたしたちの罪と悲しみの代価を支払われたからです。イエスが人類の罪のためにどのように苦しまれたかをわたしたちは完全に理解することができません。けれども,ゲツセマネの園においてイエスは人類の罪の重さゆえにあらゆる毛穴から血を流すほどの苦しみを受けられたことを知っています( ルカ22:39-44 )。その後,イエスは十字架にかけられ,知り得るかぎり最も残酷な方法の一つにより,悲痛な死を受けられました( アルマ7:11 )。

主の精神的霊的苦しみは十字架での苦痛をはるかにしのぐものでした。救い主はこう告げておられます。 「見よ,…わたしは,すべての人に代わってこれらの苦しみを負い,人々が…〔わたしが苦しんだように〕苦しみを受けることのないようにした。」教義と聖約19:16-17

神はわたしたちに,神の赦しを求めるほかに,わたしたちが傷つけた相手の赦しを求め,損害を償えるかどうかを確認し,また同じ間違いを繰り返さないと約束するよう求めておられます。そうすれば,神の愛と,完全な赦しを受けることから得られる信じられないほどの平安と喜びを感じることができます。

生活の中で主の贖罪の効果を十分に受けるには,以下の事柄を行わなくてはなりません。

  • 主を信じる信仰を働かせる。
  • 悔い改める。
  • バプテスマを受ける。
  • 聖霊を受ける。
  • 生涯にわたって主の教えに従う道を選ぶ。

「死んだらどうなるのですか」

手袋をしたあなたの手を想像してください。手を動かさないと手袋は動きません。手袋を外すと,その手袋はテーブルの上で動きません。これは,あなたが死ぬとどうなるかを心に描く簡単な方法です。あなたの体がその手袋であると想像してください。手袋は,実際のあなた,すなわちあなたの霊によって動きます。死ぬと,体は手袋のように命がなく,後に残されます。しかし,霊はいつまでも生きています。

数えきれないほど多くの聖文と様々な時代の預言者たちの個人的な記録が,これは真実であると告げています。

友人や愛する人を失ってあなたが後に残されるとき,失うことの苦痛は実に大きいものです。しかし,その人に再び会えると分かれば,大きな慰めがあります。そして,キリストの死のおかげで,いつかわたしたちの霊と体は再結合し(復活し),完全になり,決して二度と分離することはなくなるのです。

不死不滅-神の最も大いなる賜物の一つ

ほとんどの人は永遠に生き続けたいと言うことでしょう。わたしたちのために命を捨て,わたしたちの罪を贖うため,神は御子イエス・キリストを地上に遣わすことにより,まさしくそれをわたしたち一人一人にお与えになりました。それは復活と言います。たとえ邪悪な人であってもこの世に生まれた人は皆,この不死不滅の賜物を受けます( 1コリント15:22 )。

イエス・キリストは十字架につけられてから3日後,復活した最初の人となられました。栄光を受けて,完全になった体と霊が再結合し,イエスはもはや死を味わうことがなくなりました。キリストの友人たちが墓を訪れたとき,天使は言いました。 「もうここにはおられない。かねて言われたとおりに,よみがえられたのである。」 ( マタイ28:6 )

「わたしは天国に行くのでしょうか?」

そのとおりです。神はすべての人を公正に裁き,神の王国内の場所をふさわしい報いとして人々に与えられます。