ナビゲーションを飛ばす
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
わたしたちとチャットする

家族歴史

家族歴史はなぜ大切なのでしょうか

熱心に家族歴史に取り組んでいる教会員は,それがどれほど楽しいものかを知っています。しかし,それは教会に世界最大規模の系図図書館があることや,1,300万人のモルモンが自分の家族のルーツを調べるように勧められていることが理由ではありません。夫婦関係と家族は現世を超えて存続できると教える教義に駆り立てられているのです。しかし,そのためには,家族が世界中にある主の聖なる神殿のどれかで結び固められ,永遠に一つに結ばれなければなりません。

神殿で結び固めを受ける機会がある現在のわたしたちはよいのですが,バプテスマなどの儀式や永遠の家族となる祝福を受ける機会のないまま亡くなった先祖はどうなるのでしょうか。「残念でした。運がなかったですね」と神は言われるのでしょうか。もちろんそのようなことはありません。昔キリストが御自身の教会を設立されたとき,死者のための身代わりの業や亡くなった親族のために儀式を執行する慣習がありました。「もし死者が全くよみがえらないとすれば,なぜ人々が死者のためにバプテスマを受けるのか。」( 1コリント15:29 )預言者ジョセフ・スミスを通して主の教会を地上に回復する業には,亡くなった親族のために聖なる神殿でこれらの儀式を執行するかつての慣習が含まれていました。イエス・キリストの福音は今日聖なる神殿において同じ祝福を授けています。

系図すなわち家族歴史の探求は,亡くなった親族のための神殿儀式に先立つ非常に重要なものです。そのためにわたしたちは名前とその他の系図情報を入手して,これらの神殿儀式を執行できるようにします。先祖は霊界で福音を教えられ,彼らのために執行された儀式を受け入れるか拒むかを選択します。マザー・テレサは,かつて次のように述べました。「孤独感と,自分は必要とされてないという気持ちは,最大の貧困です。」この孤独感という貧困,すなわち自分は必要とされておらず,愛する人々から引き離されているというこの気持ちが現世の後も続くと考えることはほんとうに悲しいものです。しかし,神殿の儀式によってその思いは解消されます。