ナビゲーションを飛ばす
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.
わたしたちとチャットする

イエス・キリストの教会
の回復

キリストは地上に御自身の教会を組織された

キリストは地上における短くも力強い教導の業の中で,「わたしは道であり,真理であり,命である」( ヨハネ14:16 )と弟子たちに言われました。それは時宜を得た,必要なメッセージでした。御自身の誕生までの数百年にわたって,多くの人々が神の戒めに従って生活することをやめていたからでした。昔の預言者アブラハム,イサク,モーセなどに宣言されたように,キリストは御自身の福音を宣言することによって世に光を取り戻されたのでした。キリストは,ペテロ,ヤコブ,ヨハネを含む12人を主の使徒として選び,彼らの頭に手を置いて神権と呼ばれる権能をお授けになりました。それはバプテスマを執行し,主の教会を統治し,主の言葉を世界に広めるための権能でした。

キリストは大きな影響を及ぼし,多くの奇跡を行われたにもかかわらず,最終的に拒まれ,十字架につけられました。キリストの死後,勇敢で忠実な使徒たちは,キリスト不在のまま働きを続け,新たな人々にバプテスマを施し,聖徒の集まりを幾つか創設しました。

大背教

キリストの使徒と忠実な弟子たちの英雄的な働きにもかかわらず,キリストによって回復された原始教会は次第に衰えていきました。会員たちは激しい迫害を受け,一人を除いて全員の使徒が殉教しました。この時期は大背教と呼ばれています。キリストによって体系づけられた福音からの「背教のこと」( 2テサロニケ2:1-3 )が起きたからでした。神権の鍵を授け,教会のために啓示を受ける使徒の権能は多くの貴重な教えとともに失われました。偽りのキリストの教えが教会に入り込み,その結果,意見が対立し,真理は失われました。この時代をわたしたちは大背教と呼んでいます。

キリスト教は,権能や神の指示がなく,福音の最も基本的な教えについてさえ意見の対立を抱えたまま存続するよう努力しました。神権の権能や完全な福音がないために,人々は,聖文と原則と儀式を解釈するのに人の知恵に頼るしかありませんでした。多くの偽りの考えが真理として教えられ,父なる神と御子イエス・キリストと聖霊の本性と属性についてわたしたちが知っていることの多くが失われました。信仰,悔い改め,バプテスマ,聖霊の賜物などの基本的な教義がゆがめられ,重要な教義がことごとく失われました。

数世紀後に,マルチン・ルターやジョン・カルビンなど,霊感を受けた人々は,儀式と教義が変更されたり,失われたりしたことに気づき,自分の所属する教会を改革しようとしました。しかし,主イエス・キリストの使徒の権能がなく,イエス・キリストの福音と教会を初期の状態に戻すことはできませんでした。